<日本における経済活動レポート>2016年のAirbnbによる日本経済の押し上げ効果は9,200億円

世界最大手のコミュニティ主導型マーケットプレイスのAirbnb(本社:米国カリフォルニア州サンフランシスコ、日本語名:エアビーアンドビー、以下:Airbnb)は本日、「日本における短期賃貸に関する活動レポート」を発表しました。本レポートには、日本国内のAirbnbコミュニティ(Airbnbを利用するホストとゲスト)に関するデータが含まれています。Airbnb内部のデータと2017年1月に実施したホスト/ゲスト調査の結果を基に作成されました。
Airbnb Japan株式会社 公共政策担当部長である山本美香は次のように述べています。「2016年のAirbnbコミュニティによる経済活動は、4,061億円にのぼり、2015年の2,363億円と比較して1.7倍となっています。短期賃貸の利用はインバウンドゲストを中心に広がっており、2016昨年日本を訪れた外国人の数は2,400万人に達し、そのうち370万人を超す訪日外国人がAirbnbのリスティングに宿泊しました。Airbnbのリスティングは、47都道府県すべてにあり、典型的な観光地以外にも存在しています。そのようなエリアの商店街や飲食店にも観光業の活性化の効果が広まるよう、Airbnbは今後も観光の拡大と地域の活性化を促進させ、経済の発展に貢献してまいります。」

日本における主な調査結果:
● 2016年、Airbnbコミュニティが経済活動により創出した利益は4,061億円であり、
その経済効果は9,200億円(84億ドル※)に及ぶと推計される。
● 2016年、日本の標準的なAirbnbホストのホスティングによる年間収入額は100万4,830円。
● 2016年、一般的なAirbnbホストの年間貸し出し回数は89泊。
● 2016年、370万人以上のインバウンドゲストがAirbnbのリスティング(部屋)に宿泊。
※換算レート1ドル=109.03円

ホストおよび日本に対する経済効果
2016年、日本におけるAirbnbコミュニティの経済効果は9,200億円に及び、2015年の経済効果5,207億円から約1.8倍となりました。

 

約280%のゲスト数の成長
2016年、日本のAirbnbリスティングに宿泊したインバウンドゲストの数は370万人を超え、2015年の約130万人と比較して2.8倍となりました。1人あたりの平均宿泊日数は3.4泊となっています。

Airbnbによる地域の活性化の促進
Airbnbリスティングの増加により、旅行者に観光地以外の地域を訪れる機会を提供しており、今まで観光産業の恩恵を受けることのなかったエリアでも観光客が宿泊できるようになります。Airbnbは2016年10月に岩手県釜石市と覚書を締結しました。来月より釜石市でもAirbnbリスティングに宿泊できるようになります。

Airbnbでの宿泊利用率の高い上位10都道府県
1 大阪府
2 東京都
3 福岡県
4 奈良県
5 広島県
6 沖縄県
7 徳島県
8 群馬県
9 高知県
10栃木県

2016年Airbnbを利用した訪日ゲストの上位5ヶ国・地域
1 韓国
2 中国
3 アメリカ
4 香港
5 台湾

2016年Airbnbを利用した訪日ゲストの滞在上位10都市
1 東京
2 大阪
3 京都
4 福岡
5 札幌
6 那覇
7 名古屋
8 広島
9 沖縄
10 名護

<Airbnbについて>
2008年8月創業のAirbnbは、旅行先で現地の文化とつながり、ユニークな旅行体験をすることで参加できる世界を創り出すことを使命としています。同社のコミュニティでは、世界191カ国6万5千以上の都市においてアパートやヴィラから城やツリーハウスにいたるまで、何百万というユニークな部屋へのアクセスをお届けしています。「体験」では地域のコミュニティや興味・関心に対する斬新なアクセスを提供し、「スポット」では現地に住む人々がリコメンドする街のとっておきの穴場を人々に発見していただきます。Airbnbは人を原動力としており、家の空きスペースを活用すること、または情熱、興味・関心、都市を共有することで臨時収入が得られる最も容易な方法を提供して参ります。
https://airbnb.com/
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Airbnb Japan株式会社 >
  3. <日本における経済活動レポート>2016年のAirbnbによる日本経済の押し上げ効果は9,200億円