GROUND、日タイ政府が推進する『Open Innovation Columbus』プロジェクトにてタイWHA社と次世代物流プラットフォーム構築へ

日本のLogiTech®※1をリードするGROUND株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役 CEO:宮田 啓友、以下「GROUND」)は、2019年11月2日(土) 、タイ王国(以下、タイ)で物流施設や工業団地およびデジタルプラットフォームなどを開発・展開するリーディングカンパニーWHA Corporation PCL(本社:サムットプラカーン県、会長兼CEO:ジャリーポーン・ジャールコンサクン、以下、「WHA」)とタイ国内における次世代物流プラットフォーム構築の共同研究・開発について基本合意契約(以下、MOU)を締結したことをお知らせします。
本契約は、内閣官房日本経済再生本部下に設置された未来投資会議において安倍首相が示した新興国企業との連携の方向性を背景に、タイの国家戦略ビジョンであるタイランド4.0に基づき、タイの産業高度化や東部経済回廊(EEC)開発および日タイ間の経済協力を深化させるプロジェクト『Open Innovation Columbus』の一環となります。

在タイ日本大使館で開催された署名・調印式には、GROUNDをはじめ日本企業6社、タイ企業6社が参加し、経済産業省牧原 秀樹副大臣、タイのソムキット・チャトゥシーピタック 副首相、スリヤ・ジャングルングリアンキット産業大臣ら立会いの下、各社のMOUが締結されました。


<GROUND株式会社 代表取締役 CEO 宮田 啓友のコメント>
WHA社と共に東南アジアのサプライチェーン拠点として注目を集めるタイのEC・物流改革に携われることを大変嬉しく思っています。両社の強みを生かし、GROUNDがグローバルに提唱・推進する次世代物流プラットフォーム『Intelligent(インテリジェント)Logistics(ロジスティクス)®※1』の実現を目指します。

<WHA 会長兼CEO ジャリーポーン・ジャールコンサクン氏からのコメント>
この度GROUND社とMOUを締結できたことを心から嬉しく思っています。GROUND社が有する素晴らしいLogiTech®ソリューションをタイの物流現場で課題を抱えるお客様へ提供できるようになることがとても待ち遠しいです。

1. MOUの背景

インターネットの発展に伴い、Eコマース(以下、EC)が社会インフラへと成長する一方で、少子高齢化による生産年齢人口の減少、消費者ニーズの高度化や多様化、配送短期化、人件費や運送費の高騰など、EC・物流を取り巻く環境は厳しさを増し、さまざまな課題への対応が求められています。

タイでは自動車産業の集積を背景とした部品の調達・製造物流が引き続き拡大傾向にある一方、ECの急速な拡大に対応する小口物流拠点・サービスの整備が求められ、タイ政府はEEC開発の主要な柱として物流結節点の拡充やそれらを結ぶ物流網の整備を掲げていることから、今後、EEC 地域を中心に物流インフラの整備が飛躍的に加速することが予想されます。

2. MOUの目的

GROUNDは2015年の設立以来、物流業界における新しい価値創出と、AIやロボティクス等の先端テクノロジーを活用したソリューションを誰もが利用できる物流プラットフォーム『Intelligent(インテリジェント)Logistics
(ロジスティクス)®※1』の構築を目指しています。
WHAは、東南アジアにおけるECの急成長を受け、そのサプライチェーンの中心をタイに構築することを目指し、同社の主要事業の一つである物流事業を強化しています。

本MOUでは、両社の技術とノウハウを共有し、タイ国内における次世代物流プラットフォーム構築の共同開発に取り組むとともに、将来的な協力体制を協議し、タイ国内の物流オペレーションの競争力を高め、物流・EC改革を推進することを目的としています。

3. MOUの内容

(1)タイにおける次世代物流プラットフォーム構築の共同研究・共同開発
(2)GROUNDが有するLogiTech®ソリューションの提供
   -倉庫内最適化ソフトウェア、ロボットなど
(3)GROUNDが有する物流オペレーションにおけるノウハウと知見の提供
(4)WHAが有する物流施設および共同研究に利用できる施設の提供
(5)WHAが有するデータセンターの提供
(6)タイの物流・EC改革に向けた協力・支援体制構築に向けた協議

両社は、EC・物流サービスの需要拡大に伴うさまざまな問題解決に資する複合的なソリューションの拡充と開発に向けた協力・支援体制を構築し、共にタイの物流改革に貢献します。

※1:「LogiTech®」および「Intelligent Logistics®」は、GROUND株式会社の登録商標または商標です。

■ WHA Corporation PCLについて
WHAは、総合的な物流および産業施設ソリューションの提供を行うタイのリーディングカンパニーです。WHAは、物流施設開発、工業団地開発、インフラ設備提供、デジタルプラットフォーム提供という4つの事業を展開しています。
https://www.wha-logistics.com/en/home

■ GROUND株式会社について
GROUNDは、“Intelligent Logistics®※2”の実現を目指して、物流領域における世界の最先端テクノロジー(LogiTech®)に基づく革新的ソリューションの提供を行う企業です。代表の宮田を始めとするGROUNDメンバーは、ロジスティクス、サプライチェーンだけでなく、データサイエンスやマーケティングにおいても豊富な経験を持ち、国内外の最新のテクノロジーに関して幅広い知識やネットワークを有しています。これらを背景に、日々高度化・複雑化する物流オペレーションに対して、需要と供給のバランスを考慮する最適なハードウェア及びソフトウェアで構成されたソリューションを提供しています。

社名:          GROUND株式会社
事業概要:    テクノロジーを活用した物流ソリューションの提供
設立:        2015年4月
所在地:       東京都江東区青海二丁目7-4 the SOHO 3F
代表者:     代表取締役 宮田 啓友
資本金:     10億円(2019年8月末)
URL:    http://groundinc.co.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. GROUND株式会社 >
  3. GROUND、日タイ政府が推進する『Open Innovation Columbus』プロジェクトにてタイWHA社と次世代物流プラットフォーム構築へ