巣ごもり消費で、昭和のおもちゃが「2か月待ち」

子どもの運動不足が気になるママにお勧め!予約受付中

家庭向けのヘルスケア製品を扱う株式会社アメイズプラス(本社:名古屋市中村区 代表取締役:山田忠和)が販売する「長息パイプ」が、在宅勤務や学校の休校で自宅にいる人たちによる「巣ごもり消費」によって、二月の売上が前月に比べ2.7倍に増加し、「2か月待ち」の品切れ中に。現在は公式HPから「長息パイプ」の予約注文を受け、入荷後すぐに発送できる体制を整えています。■予約注文ページ https://www.amepla.jp/c/beautyplus/561

 

 

  • 「長息パイプ」製品特徴 

➀ ボールを吹いて遊びながらトレーニングができる健康グッズ。

② 高齢者の健康づくり体操を指導する介護予防王子「久野秀隆」が監修。
③ ライト球=【心肺機能の向上】ミドル球=【腹筋の強化】ヘビー球=【嚥下機能の向上】の役割を果たす。
④ 昭和のおもちゃ「吹き上げパイプ」をヒントに、流体力学×人間工学に基づいて現代版にデザイン。
 

  • 「巣ごもり消費」で品切れ中

 2019年11月末に発売された長息パイプは、発売わずか2か月で3000個を出荷し、誤嚥性肺炎を心配する60歳以上の高齢者から好評をいただいていました。

 しかし、新型コロナウイルスによって在宅勤務や学校の休校で自宅にいる人たちによる「巣ごもり消費」によって二月の売上が前月と比べ、2.7倍増加。工場の製造が追いつかず、「2か月待ち」の品切れになりました。
 現在は公式ホームページからの予約注文を受け、入荷した長息パイプを優先的に発送します。

■予約注文ページ 
https://www.amepla.jp/c/beautyplus/561
 

  • 昭和のおもちゃ、令和キッズに人気 

 遊びながら身体を鍛えることができる長息パイプは、子どもの身体的ストレスを軽減するアイテムとして注目を集めています。小学二年生の男児を持つK.Sさんによると、テレビゲームと違って、身体を使いながら遊んでくれるので健康的で嬉しい。また、通常の長息パイプの使い方の他にも、子ども自ら遊びを作り出して楽しくつかっているので創造力も鍛えられるのでは、と期待を寄せています。

 

 


■ 企業説明 
株式会社アメイズプラス
「あしたの欲しい!をつくる」をミッションに美容と健康をテーマにしたモノづくりをするヘルスケアメーカー

・代表取締役:山田忠和 
・事業内容:家庭向けヘルスケア製品の企画販売、EC通販事業など
・設立:2008年1月7日
・本社:愛知県名古屋市中村区太閤3-1-18名古屋KSビル4F
・東京支社:東京都品川区北品川5-4-14イマス北品川ビル2F
・会社HP:https://amaze-plus.com/
・自社ECサイト:https://www.amepla.jp/

■ 本件プレスリリース窓口 
広報:志村(東京支社)
Tel:03-5475-6501
Mail:t.shimura@amaze-plus.com 

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アメイズプラス >
  3. 巣ごもり消費で、昭和のおもちゃが「2か月待ち」