「Great Entrepreneur Award」はLuup、京都フュージョニアリング、タイミーの3社に決定

「最も注目している企業」カテゴリはLuup、「社会的に異次元なインパクトを与える企業」カテゴリは京都フュージョニアリング「顕著な実績を出している企業」カテゴリはタイミーがそれぞれ受賞

プロトスター株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:前川英麿)は株式会社テレビ東京と株式会社テレビ東京コミュニケーションズと、6月13日(日)に共催でおこなったビジネスカンファレンス「Reversible World 2021 ~世界を変える挑戦者たち~ Great Impact Award」にて、「Great Entrepreneur Award」のノミネートスタートアップ15社を発表しました。 「最も注目している企業」カテゴリはLuup、「社会的に異次元なインパクトを与える企業」カテゴリは京都フュージョニアリング、
「顕著な実績を出している企業」カテゴリはタイミーがそれぞれ受賞しました。
「Great Entrepreneur Award」は大きく変わった社会、ビジネス環境において顕著な実績、今後のインパクト創出が期待される会社を選出し、広く次世代のスタートアップを社会に打ち出す取り組みです。

「最も注目している企業」「社会的に異次元なインパクトを与える企業」「顕著な実績を出している企業」の3つのカテゴリーで、国内で活躍するベンチャーキャピタル30社の推薦によりスタートアップを選出した上で国内投資家(VC/CVCなど800名対象)の最終投票を経てファイナリストを5社ずつ選出しています。
授賞式当日は、3部門の入賞企業の発表に加えて、大賞の発表をおこないました。以下、受賞各社とノミネート企業各社です。
 
  • 「最も注目しているスタートアップ企業」カテゴリ

ANSeeN小池代表、Voicy緒方代表、おてつたび永岡代表、ファンズ藤田代表、Luup岡井代表ANSeeN小池代表、Voicy緒方代表、おてつたび永岡代表、ファンズ藤田代表、Luup岡井代表


1位:株式会社Luup
LUUPは、「街じゅうを「駅前化」するインフラをつくる」をミッションに、電動・小型・一人乗りのマイクロモビリティの短距離移動のためのシェアリングサービスを展開しています。現在、東京と大阪にて、小型電動アシスト自転車と電動キックボードのシェアアプリを提供しています。電動キックボードのシェアリングは、2021年4月に政府認可のもと、ヘルメットが任意の形で日本で初めて開始されました。将来的には、ご高齢の方でも安全に乗ることができる3、4輪のモビリティの導入を目指しています。

[ノミネートコメント]
この度はノミネートありがとうございます。LUUPは2019年より電動キックボードなどの小型・電動・一人乗りのモビリティのシェア実現に向けて実証実験を重ねてきました。その結果、今年株式会社Luupは日本で初めて政府の特別な認可を受け、ヘルメット任意等の形で電動キックボードのシェア「LUUP」を開始することができました。まだまだ道半ばですが、日本の短距離移動の形をより便利に安全にする一歩が踏み出せたと考えています。LUUPはご利用者様だけでなく、街中の全ての人から街の一部として必要とされるようなインフラとなることを目指します。

[支援者・投票者:Spiral Capital Partner 千葉氏コメント]
岡井さん、受賞おめでとうございます!業界団体の先頭に立って規制緩和を推進する実行力、海外事例の模倣ではなく日本独自のビジネスモデルを創り上げる構想力など、日本のモビリティの未来を切り開いている姿は素晴らしいと思っています。4月下旬の電動キックボードの正式リリース以降、想定をはるかに上回るペースで需要が急拡大しており、まさに新しい交通インフラの夜明けと今後の拡大ポテンシャルを実感しています。これからも、MaaSのリーディングカンパニーとして日本のイノベーションを牽引していってくれることを大変期待しております!

以下、同カテゴリ入賞企業
2位:ファンズ株式会社
3位:株式会社おてつたび
4位:株式会社Voicy
5位:株式会社ANSeeN
 
  • 「社会的に異次元なインパクトを与える企業」カテゴリ

京都フュージョニアリング長尾代表、Finatext HD林代表 、ファンファーレ近藤代表 、エー・スター・クォンタム大浦取締役 京都フュージョニアリング長尾代表、Finatext HD林代表 、ファンファーレ近藤代表 、エー・スター・クォンタム大浦取締役

1位:京都フュージョニアリング株式会社
京都フュージョニアリングは、京都大学発の技術力を活かして、世界の国家研究機関や核融合スタートアップから、コンポーネントの設計・試験を受注し、継続的に交換部品を製造・納品することで、核融合の産業化に貢献しています。欧米では核融合スタートアップが何百億円もの資金を調達していますが、当社は創立2年目で、およそトップ10の位置につけています。核融合エネルギーの利用装置に強みを持つ点がユニークであり、世界中の顧客と技術商談を進めています。また、核融合の熱源を利用したバイオマスガス化技術を有しており、水素エネルギーの生成やCO2固定化による脱炭素を実現します。産業革命以降に、人類が地中から掘り出した化石燃料を再びカーボンの形にして地中へ埋め戻し、環境問題に対する抜本的な一手を打ちたいと考えています。

[ノミネートコメント]
京都フュージョニアリングが、Reversible World 2021のGreat Entrepreneur Awardにノミネートされたと聞き、とても驚き興奮しています。そして、大変光栄に思います。産業革命以降、人類は化石燃料を使い続け、環境に影響を与えてきました。今こそ化石燃料から脱却し、持続可能なエネルギー社会を構築しなくてはなりません。その為には、「地上の太陽」とも言われる未来のエネルギー“核融合”が最適と信じています。また、Deep Techへの投資が活性化し、破壊的なイノベーションを狙って実行するスタートアップが日本でもますます増えると信じています。本アワードで更に加速されると強く感じます。最後に、当社を支援している投資家をはじめ、応援してくださる皆様にこの場を借りてあらためて感謝を伝えたいです。

[支援者・投票者: Coral Capital シニアアソシエイト 世古氏 コメント]
ディープテックの中でもディープ中のデュープな領域である核融合事業に取り組み、世界規模でのエネルギー問題や環境問題を根本的に解決されようとしていることを心より応援致します。20年、50年、100年、200年後のよりよい世界作りに向けて事業をより一層加速してください。また技術立国日本が再興できるような新しい産業を再び日本から生み出し、京都フュージョニアリング社が次のSpaceX、Teslaとなることを期待しています。

以下、同カテゴリ入賞企業
2位:GITAI JAPAN株式会社
3位:株式会社Finatextホールディングス
4位:ファンファーレ株式会社
5位:株式会社エー・スター・クォンタム
 
  • 「顕著な実績を出している企業」カテゴリ

BONX宮坂代表、アクセルスペース中村代表、キャディ幸松装置事業部長BONX宮坂代表、アクセルスペース中村代表、キャディ幸松装置事業部長

1位:株式会社タイミー
タイミーは、すぐ働きたい人とすぐ人手がほしい事業者をマッチングするスキマバイトサービスです。働き手は応募や面接がなく、働きたい仕事を選ぶだけですぐに働くことができ、勤務終了後すぐにお金を受け取ることができます。 事業者は来てほしい時間や求めるスキルを登録するだけで、条件に合った働き手が自動マッチングします。
働き手 - 事業者間でそのまま直接雇用契約を結んでいただくことも可能なため、タイミーでの「お試しバイト」体験を元にした、相思相愛の雇用マッチングを実現します。様々な業種職種のお仕事を経験し、自身の適職を見定め、今後のキャリアに活かすことができることも働き手にとっての大きな利点です。タイミーは「働き方」を時代に合わせてアップデートしていくことで、潜在労働力を喚起し、社会課題の解決を実現していきます。

[ノミネートコメント]
ノミネートいただけたと聞いて非常に嬉しく感じております。1年を振り返ってやはり一番大きな出来事はコロナ感染拡大になります。飲食業の閉店と時短営業が相次ぎ、人手も必要がなくなりタイミーの売上も激減しました。会社の雰囲気的にも相当厳しい時間を過ごしたと思います。しかし、EC比率の増加などに伴う物流ニーズの拡大の波をしっかりと掴み、結果的には最高売上を出すことができたことは会社としても個人としても厚みを増すことができたなと感じています。辛い時期を共にした従業員や株主の皆様にこの場を借りて感謝申し上げたいと思います。ミッションとして掲げている「働くを通じて人生の可能性を広げるインフラを作る」を実現するために全力で走っていけたらと思いますので、引き続きご支援のほどよろしくお願いいたします。

[支援者・投票者: F Ventures 代表パートナー 両角氏 コメント]
創業期から応援させて頂いているので、タイミーがこのようなアワードを受賞することは非常に嬉しく思います。創業期はもちろんアイデアだけで、アプリすらなかったので、短期間でこれだけ急成長するスタートアップを間近に見ることができ、良い経験をさせて頂いていることに感謝してもし足りないですが、なにより、創業者の小川さんが会うたびに成長を重ねており、経営者としても尊敬する存在になりました。今後も、急成長を続けていくタイミーをどうかよろしくお願いします。

以下、同カテゴリ入賞企業
2位:ヘイ株式会社
3位:株式会社BONX
4位:株式会社アクセルスペース
5位:キャディ株式会社


その他、ノミネート企業の詳細やコメントについては、下記URLをご参照ください。
https://reversibleworld.com/posts/fVMk_N73
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. プロトスター株式会社 >
  3. 「Great Entrepreneur Award」はLuup、京都フュージョニアリング、タイミーの3社に決定