ステーキハウス ブロンコビリー 農林水産省「野菜を食べよう」プロジェクトに賛同し「野菜サポーター」に就任!

シャキシャキサラダバーで気軽に手軽に1日350グラムをクリア

株式会社ブロンコビリー(本社:愛知県名古屋市 代表取締役社長:竹市 克弘)は、農林水産省が実施する「野菜を食べよう」プロジェクトに賛同し、「野菜サポーター」として野菜の消費拡大に取り組みます。
■「野菜を食べよう」プロジェクトとは
 2020年1月28日に農林水産省が開始した、暖冬の影響でお手軽価格となっている野菜の消費拡大を図るプロジェクトです。一般的に、1日当たりの野菜の摂取量は280グラム程度で、摂取目標量(350グラム)を大きく下回っていることから、これを機に安価な野菜の消費拡大に取り組んでいます。
農林水産省開始宣言リリース:https://www.maff.go.jp/j/press/seisan/ryutu/200128.html

■ブロンコビリーの野菜に対する想い「お肉と一緒に、野菜もしっかり召し上がっていただきたい」
 ブロンコビリーは、名古屋発祥の炭焼きステーキ&ハンバーグレストランです。創業者が、「健康のために、お肉やご飯と一緒に、たくさんの野菜や果物も召し上がっていただきたい。」という想いを込めて、サラダバーを導入いたしました。過去、低価格で多店舗展開へ路線変更した際に一度休止しましたが、2004年に再導入して以降、現在まで15年間お肉と一緒にサラダバーを提供してきました。
 旬のおいしいものや珍しい野菜・食材も楽しんでいただけるように、日本野菜ソムリエ協会認定の「ジュニア野菜ソムリエ」の資格を取得した従業員の監修の下、春・初夏・夏・秋・冬の年5回、季節に合わせた野菜や珍しい食材をふんだんに使った「季節限定の惣菜サラダ」を開発しています。
現在『人気サラダ 復活フェア』実施中:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000039.000027084.html

■「野菜サポーター」を宣言した理由
 ブロンコビリーはこれまで、こだわりを持ってサラダバーを提供し続けており、以前より東京都足立区主導の「あだちベジタベライフ」へも賛同し、足立区の野菜摂取量の向上に努めてまいりました。
さらに、サラダバーをより多くのお客様に楽しんでいただくため、現在新たなサラダバーの構想をしております。新しい野菜の食べ方などもご提案しようと、商品や提供の形態などの開発に取り組んでいます。(現在構想中のため開始時期未定)
 こうした取り組みをしている当社は、「野菜を食べよう」プロジェクトに賛同し、野菜の消費拡大を盛り上げていくサポーターとして手を上げました。ご家庭で毎日、350グラムの野菜摂取を目指し、数多くの野菜を揃えて鮮度の良い内に消費するのは難しいですが、手軽に、数多くの種類のおいしい野菜が摂れる場所として、ブロンコビリーをご活用いただきたいと考えています。
 なお、お手頃価格の野菜※として、だいこん・はくさい・キャベツ・レタス・ばれいしょ(じゃがいも)が挙げられておりますが、ブロンコビリーではすべての食材を取り揃えています。「知多半島の大根」や「ぱりぱりレタス」「手作りポテトサラダ」など、お好きなものをお腹いっぱいお楽しみいただけます。
※農林水産省「食品価格動向調査(野菜)」参照
 

■サラダバー概要
 産地と鮮度にこだわり仕入れた野菜や果物は、鮮度を保つため丸のままの状態で毎日店舗に配送し、ご提供する直前にカット調理しております。
 また、日本野菜ソムリエ協会認定の「ジュニア野菜ソムリエ」の資格を取得した従業員が監修。春・初夏・夏・秋・冬の年5回、季節に合わせた野菜をふんだんに使った季節限定の惣菜サラダを開発しております。他にも、定番の野菜サラダやパスタサラダ、フルーツにデザートと常時20種類以上の品揃えをご用意しております。

 

定番メニュー参考:
「レタスミックス」「キャベツ」「ロメインレタス」「コーン」「オニオンスライス」「わかめ」「手作りポテトサラダ」「フルーツ盛り」「えびせん」「コーヒーゼリー&特製クリーム」
※季節により内容は変化いたします。

■提供価格 (すべて税抜)
【ランチ】
一部メニューにサラダバーは含まれておりません。通常セット価格 360円。
【期間限定 平日ランチ特別企画】
セット価格 300円 / サラダバー単品 680円


【ディナー / グランドメニュー】
単品のメインメニューに、以下のお好きなセットをお付け下さい。

 

~お肉と野菜だけのヘルシー志向なあなたへ!~
価 格:上記単品メニューにプラス400円
内 容:新鮮サラダバー


 


~お肉もごはんもサラダバーも!
               ブロンコビリーを存分に楽しめる!~
価 格:上記単品メニューにプラス500円
内 容:新鮮サラダバー・魚沼産コシヒカリ大かまどごはん(又はパン)・コーンスープ
 

■ブロンコビリーについて
1978年 名古屋市北区で誕生し、42年を迎えるステーキ&ハンバーグレストランです。東海地区を拠点に関東・関西地区で134店舗(2020年2月5日時点)を展開し、2種類の炭で豪快に焼き上げるアツアツでジューシーなステーキ&ハンバーグや、大かまどで炊いた魚沼産コシヒカリ、ジュニア野菜ソムリエが考える季節限定サラダバーなど、食にこだわった美味しさが多くのお客さまから支持を集めています。
URL: http://www.bronco.co.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ブロンコビリー >
  3. ステーキハウス ブロンコビリー 農林水産省「野菜を食べよう」プロジェクトに賛同し「野菜サポーター」に就任!