現代エクスペリメンタル・ミュージックの才女、KATE NVの独占ドキュメンタリー映像をluteにて公開!


Red Bull Music Academy 2014 Tokyoの卒業生で、モスクワを拠点に活躍するプロデューサー/DJ/演奏家/ヴォーカリストであるKATE NV(ケイト エヌヴィー)の独占ドキュメンタリーが、分散型動画メディア「lute/ルーテ」のYouTubeで公開された。

2016年にシンセポップを全面に押し出したファースト・アルバム『BINASU』を発表。その後、ミニマルなエレクトロニック~アンビエント・ミュージックへアプローチしたセカンド・アルバム『для FOR』を2018年6月に発表し、初となる単独来日公演を果たしたKATE NV。

彼女自身初となる単独来日公演を収めたドキュメンタリーは、パフォーマンスの模様はもちろん、大の親日家でもある彼女と一緒に巡った東京の風景と共にミュージシャンとしての視点から見た日本とロシアの違いや、音楽制作などについて語るインタビューを収録。彼女が作る音楽作品と同様に、アンビエントかつインダストリアルな映像に仕上がっている。

また、luteのIGTVではドキュメンタリーのビハインド・ザ・シーン、YouTubeでは2018年7月20日(金)に東京・恵比寿のKATAにて開催されたライブ「Kate NV Japan Tour 2018 Tokyo Day 2 [BINASU set]」のライブ映像も公開予定。

尚、本ドキュメンタリーと連動した記事が『WIRED』日本版にて公開予定。

「ケイト、東京の夏 〜ビハインド・ザ・シーン〜」:9月13日(木)公開
「lute live:KATE NV」 : 9月17日(月)公開

※公開日は予告なく変更になる場合があります。
 

KATE NV(ケイト エヌヴィー)

モスクワをベースに活動しているプロデューサー/DJ/演奏家/ヴォーカリスト、ケイト・シロノソヴァによるソロ・プロジェクト。元々はSonic YouthやDinosaur Jr.などに影響を受けたオルタナティヴ・ロック〜ポストパンク・バンド、Glintshakeのヴォーカルとして活動。バンドと平行してソロ・プロジェクト、KATE NVを始動させた。2014年にジャパニーズ・ポップスやニュージャックスウィング、90’s R&Bなどの影響を感じさせるEP『Pink Jungle』を発表し注目を集め、同年のRed Bull Music Academy Tokyoで初来日を果たす。2016年にOrange Milkからファースト・アルバム『BINASU』をリリース。同作が各所で絶賛され、エクスペリメンタル・ミュージック・シーンの最先鋭レーベルである、ブリルックリンのRVNG Intl.の目に留まり、契約。2018年6月に同レーベルからセカンド・アルバム『для FOR』のリリースし、2018年7月には初の単独来日公演を果たした。


▪︎ lute/ルーテ

luteは、ミレニアル世代のユーザーと国内外のアーティストをつなぎ
新たなビジネスモデルを構築する「アーティストビジネス・カンパニー」です。
http://www.lutemedia.com/
https://www.instagram.com/lutemedia/
 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. lute株式会社 >
  3. 現代エクスペリメンタル・ミュージックの才女、KATE NVの独占ドキュメンタリー映像をluteにて公開!