空き家対策に、不動産ブロックチェーン、0円の物件の仲介にも対応。空き家対策サービスを開始

空き家問題の対策は、登記費用や、不動産業者の手間などもあり、難しかったが、登記を不動産ブロックチェーンで対応し、0円の物件の仲介も、まとめて受ける新型の不動産仲介サービス。

人口減の日本で、全国各地で空き家が問題となっている。理由の一つは、低額で買い手がなく、不動産屋も手間がかる点。もう一つは、不動産登記の費用だ。路線価がでないような地方の土地では、取引がほとんどなく、隣地の隣人等にほぼゼロ円で譲渡するのを検討するような状況だが。ツバイスペースの空き家対策サービスは、オーナーが、空き屋対策対応の不動産屋経由で、ツバイスペース売買サイト低額特集不動産ページに無料掲載し、買い手がつけばそれもよしだが、0円譲渡となった場合でも不動産屋さんで仲介契約と不動産ブロックチェーン登記が可能なサービスだ。

人口減の日本で、全国各地で空き家が問題となっている。理由の一つは、低額で買い手がなく、不動産屋も手間がかる点。もう一つは、不動産登記の費用だ。路線価がでないような地方の土地では、取引がほとんどなく、隣地の隣人等にほぼゼロ円で譲渡するのを検討するような状況だが。しかし、相続人が首都圏に住む場合等は、不動産屋も手間がかかり仲介を引き受けるのも難しいのが現状だ。しかし、本質的には、そもそもほぼ無料でも買い手がみつからない状況の土地に登記をしてまで対抗要件が必要だろうか?それでも、不動産ブロックチェーンへの登記だけは済ませておこうというのが一つ。不動産屋の手間は、当事者間で譲渡か売買の意向が固まった後、ツバイスペースのパートナー不動産屋で、仲介契約を締結し、空き屋の取引場所とする。
つまり、善意の第三者が購入したと権利を主張するなら対抗要件が必要だが、そもそも購入希望者のいない、むしろ手入れや税金のかかる土地ならば、相続後でもブロックチェーン登記で対応すれば?ということだ。
取引は、集約されれば手間も減る。空き家対策の専門家となる不動産屋を奨励し、情報と取引をそこに集めるのが本質的な解決の近道だ。
空き屋のオーナーは、空き屋対策対応の不動産屋経由で、ツバイスペース売買サイト低額特集不動産ページに無料掲載することもできる。買い手がつけばそれもよしだ。不動産ブロックチェーン登記も利用できるので、試してみない手はない。

空き家対策による不動産売却希望のオーナーは、7月25日より、「空き屋対策に積極的に取り組むツバイスペースのパートナー不動産会社」に仲介業務を依頼することができる。その不動産会社経由でツバイスペースの低額の不動産特集ページに無料掲載し、実際の需要をみることもできる。購入あるいは引き受け希望者と合意が取れた段階で、不動産屋に契約仲介を依頼し、不動産ブロックチェーン登記サービスも利用できる。

--------------------------------------------------------------------------------------

ツバイスペース の 空き家対策サービス の 内容

1.対象不動産の無料掲載
2.空き家対策に積極的な不動産屋さんによる取引仲介の実行(通常の仲介手数料)
3.不動産ブロックチェーンへの登記

-------------------------------------------------------------------------​-------------

ツバイスペースの不動産パートナーのうち、
「空き家対策 不動産ブロックチェーン登記サービス付き、0円物件仲介 対応の不動産屋」
株式会社GSR 代表者 近藤亮介 など、
http://japan-partner.zweispace.com/agent-list/
順次更新していきます

ツバイスペースは、世界のトップ10不動産テックの会社に選ばれ、先日特許を取得したロボット建築士・鑑定士、20秒で土地に最適な新築のアパートプランなどが入るアプリや、耐震強度診断アプリ「NAMAZU」、ブロックチェーン対応賃貸不動産サイト「不動産屋.co.jp(hudosanya.co.jp)」等を提供している。ツバイスペースは、世界に先駆けてブロックチェーン関連の特許も既に多数取得しており、不動産業界の知見を活かし、AIやブロックチェーンなど最先端技術で課題を解決しつつ、日本不動産業界を世界の最先端の業界に導いている企業です。 皆様の街にも参りますので、皆様の街の不動産屋業者様にも是非、お声がけくださいませ。

 

 

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ZWEISPACE JAPAN >
  3. 空き家対策に、不動産ブロックチェーン、0円の物件の仲介にも対応。空き家対策サービスを開始