CTIA、Fintech Taipei 2019で生産管理システムTaaSを紹介

『Fintech Taipei 2019』出展レポート

ブロックチェーンによるソリューション・サービスを提供するCTIA(シー・ティー・アイ・エー)(本社:シンガポール、CEO:手塚 満)は、2019年11月29日・30日に台湾・台北市で開催された『Fintech Taipei 2019』にブースを出展しました。


本イベントでは、Fintech Space&Startupsエリア内のSFAパビリオンにブースを構え、CTIAが開発・提供する生産管理システム『Traceability as a Service』(以下、TaaS)の解説とTaaSを活用してワークフローの最適化を目指すさまざまな産業の紹介を行い、台湾国内の主要バンクや金融、フィンテックに精通する参加者がブースに訪れました。
 

 

  • 世界のフィンテックハブを目指す台湾
本イベントは台湾の金融セクターの競争力向上と金融業界のイノベーションを加速させるために、国内のフィンテック推進、潜在企業やスタートアップ育成を目的に昨年2018年から開催されています。オープニングセレモニーでは台湾総統のTsai Ing-wen(ツァイ・インウェン)氏をはじめ、台湾政府関係者や金融機関担当者が登壇し、台湾の金融産業促進と発展について言及しました。また、世界貿易機関(WTO)が12歳未満の子どもたちの専門展示会参加の規制廃止に対応して、未来のフィンテックユニコーン育成の目的で12歳未満の子どもたちにも本イベント参加が許可されており、フィンテックや台湾関連産業の成長を重視しています。

 
  • 国内外のフィンテック企業や著名人が集結
本イベントには、台湾の技術業界を牽引する大小企業の他に13の国からから参加した240を超える金融機関や100社以上のスタートアップ企業が出展しました。また、会場内のメインステージでは、最新テクノロジーが変える金融業界の将来や金融サービスのための新しいアプリシステムなどをテーマにフィンテックや金融に関連する各界のモデレーターやゲストスピーカーの基調講演が行われました。

 
  • CTIAが手掛けるTaaSに参加者も関心
本イベントでは2日間で約459の企業、機関が展示ブースを展開しました。CTIAもイベント会場内のSFAパビリオンにブースを出展し、現在自社で開発・提供する生産管理システム「TaaS」の紹介と他の産業分野への活用に関する解説を行いました。
海外から多くの参加者が来場しており、日本の企業担当者からも興味を示す反応がありました。台湾では2014年に起こった食品加工会社の劣化油使用事件などから、食の衛生問題をブロックチェーン技術で解決することは望ましいと話す参加者もおり、金融以外の産業への活用を期待する声が上がっていました。
本イベントは大盛況のうちに終了し、2日間で約3万人を動員しました。

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. CTIA Co., Ltd >
  3. CTIA、Fintech Taipei 2019で生産管理システムTaaSを紹介