世界のオンライン音楽ストリーミングの売上、2019年上半期に110億米ドルを超える

Spotifyがこの市場をリードし、有料プランは2019年上期に前年同期比32%の成長を遂げた。一方、Apple MusicとYouTube Musicの契約者数も増加となる。

カウンターポイント・テクノロジー・マーケット・リサーチ (英文名: Counterpoint Technology Market Research 以下、カウンターポイント社)は、世界のオンライン音楽ストリーミングの売り上げが、2019年上期に前年同期比18%の成長を遂げ、110億米ドル(日本円約1.2兆円)を超えたという最新調査を発表致しました。
月間アクティブユーザー数は、前年同期比で21%伸び、一方、有料プラン契約者数は前年同期比で32%伸びました。オンライン音楽ストリーミングの売上は、前年同期比20%増のペースでこれからも増え、2019年全体の売り上げは240億米ドル(約2.6兆円)に達するだろうと私たちは予測しています。

市場の概況について、リサーチアナリストのAbhilash Kumar氏は以下のように述べています。
「オンライン音楽ストリーミングは、2016年から2018年にかけてCAGR32%の見事な成長を遂げた。これは、こうしたサービスに対する需要が高まったことを示している。この業界の売上の8割はサブスクリプション契約によるもので、残りは広告や、端末メーカーやキャリアとの協業によるものである。この市場はまだピークに達しておらず、少なくともあと数四半期は20%以上の成長率を維持して健全に伸びると私たちは考えている。」

Spotifyが、売上及び有料プラン契約者数の両方において、2019年上期の市場をリードし、業界の総収入の31%、有料プラン契約者数の35%を占めています。Appleは業界総収入の25%、有料プラン契約者数は20%と遅れを取る形です。その中、Tencent Musicは、子会社のQQ Music、Kuwo、Kugouを通じて、グローバルMAU(月間アクティブユーザー数)において最も高いシェアとなる31%を獲得しています。但し、Tencentのユーザーの9割は無償サービスを利用しています。
 


業界トップ企業の動向について、Kumar氏は以下のように付け加えています。
「Spotifyが業界のリーダーになったのは、強力なキャンペーン、新興市場への拡大、他業界との協業、ポッドキャスト重視、といった施策による。また、Appleはサービス事業の売上を極めて重視するようになっており、音楽ストリーミングサービスには大きな将来性をみている。サブスクリプション契約の値下げ、業界他社との協業、アプリのエクスペリエンス向上が、Appleの業績に貢献した。Tencent Musicは自社のSNSプラットフォームを活用することで、手軽に多大なコストをかけることなく、巨大なユーザーベースを得ることができている。」

現在、音楽ストリーミング各社は、お試し期間の設定やプロモーションを通じて、有料プラン契約者数を増やすことに注力しており、それによって自社へのロイヤリティを高め、ユーザーを引き留めようとしています。Apple Musicの有料プラン契約者数は、2019年上期に前年同期比で55%増加し、同様にGoogle MusicとYouTube Musicを合わせた有料プラン契約者数は、前年同期比56%増加しています。ロシアのYandex musicも絶対数は少ないながらも、有料プラン契約者数を前年同期比89%増加させています。

オンライン音楽ストリーミング業界のこれからの課題について、シニアアナリストのHanish Bhatia氏は以下のようにコメントしています。
「世界中で未だに音楽業界はライセンスや著作権の課題を抱えている。どこでも同じようなサービスを提供できるようにする為に、SpotifyやApple、YouTubeなどのストリーミングの巨人たちが果たす役割は極めて重要である。とりわけ、収益化が大きな課題として残る新興市場において、彼らの役割が重要となる。」

現在の状況を鑑みると、今後の競争はさらに激しくなると思われますが、有料プラン契約者数を伸ばしつつ、長期的なコストを抑えられるかで、将来の覇者が決まるだろうと私たちは考えています。

包括的で詳細な「Global Online Music Streaming Market Tracker 2019年第2四半期版」は、こちら からダウンロードいただけます。調査、分析、プレスリリースに関するお問い合わせは、お気軽にpress@counterpointresearch.comまでご連絡下さい。

【カウンターポイント社概要】
Counterpoint Technology Market ResearchはTMT(テクノロジー・メディア・通信)業界に特化した国際的な調査会社である。主要なテクノロジー企業や金融系の会社に、月報、個別プロジェクト、およびモバイルとハイテク市場についての詳細な分析を提供している。主なアナリストは業界のエキスパートで、平均13年以上の経験をハイテク業界で積んだ経験を持つ。
公式ウェブサイト: https://www.counterpointresearch.com/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Counterpoint Technology Market Research Limited >
  3. 世界のオンライン音楽ストリーミングの売上、2019年上半期に110億米ドルを超える