Craif、マルホ株式会社と尿中マイクロRNAを用いた疾患のバイオマーカー探索について共同研究を開始

 Craif株式会社(所在地:東京都文京区、CEO:小野瀨 隆一、以下Craif)は、マルホ株式会社(所在地:大阪府大阪市北区、代表取締役社長:杉田 淳)と共同研究契約を締結しました。本契約の締結により、Craifとマルホ株式会社は、尿中マイクロRNAを用いた免疫疾患バイオマーカー探索について共同研究を開始します。
■Craifについて
 Craifは、2018年5月創業の名古屋大学発ベンチャー企業です。日本が誇る素材力を用いて尿からマイクロRNAを網羅的に捕捉し、AI(人工知能)を組みあわせて医療に応用することで、がん領域を中心に、疾患の早期発見や個別化医療を実現するための次世代検査開発に取り組んでいます。医療・ヘルスケア領域において世界をリードする企業・組織との協業を通じて、当社のビジョンである“人々が天寿を全うする社会の実現”を推進いたします。詳細については、https://craif.com/をご覧ください。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Craif株式会社 >
  3. Craif、マルホ株式会社と尿中マイクロRNAを用いた疾患のバイオマーカー探索について共同研究を開始