姿勢・制振制御のアプリケーションに最適なIMU『M-G370PDS0』を開発

短期ノイズを改善し機種ラインアップを拡充、お客様の製品選択の幅を広げます

セイコーエプソン株式会社(以下 エプソン)は、このたび高性能な6軸センサーを搭載した慣性計測
ユニット(IMU*1:Inertial Measurement Unit)の新製品『M-G370PDS0』を開発、サンプル出荷を
開始しました。本製品は2022年春の量産を予定しています。

 

2021年10月21日
セイコーエプソン株式会社

姿勢・制振制御のアプリケーションに最適なIMU『M-G370PDS0』を開発
短期ノイズを改善し機種ラインアップを拡充、お客様の製品選択の幅を広げます

                                           

 

        『M-G370PDS0』コネクター面                 『M-G370PDS0』マーキング面

2011年にエプソン初となるIMU製品を発売以来、当社IMUは、お客様のさまざまなアプリケーションに
採用され、多くの実績と高い品質により、市場から好評を得ております。近年、空中・海中など無人機に
よる映像撮影・測量など利活用分野が広がり、より正確な位置・姿勢制御のニーズが増大しています。
それに伴いIMUには姿勢制御において重要とされる精度、特にノイズ性能への要求が高まっています。
新製品『M-G370PDS0』は、従来品に比べ短期安定度である角度ランダムウォーク*2を半減させることに
成功し、0.03°/√hを実現、機器やシステムに発生するわずかな姿勢変化をセンサーノイズに埋もれさせる
ことなく、より正確に検知することが可能となります。さらに、小型・軽量・低消費電力の特長により、
お客様製品の小型化、軽量化にも貢献します。
また、従来製品(M-G370/365/364/354)と互換性を維持しているため、容易に性能のアップグレード
もできます。

■新製品の特長
・従来の高安定に加え、低ノイズを両立した高性能センサーを搭載
 角度ランダムウォーク:0.03°/√h
 ノイズ密度:2.5(°/h)/√Hz
・静止状態から高速動作まで高精度に計測する優れた動的性能(感度直線性)を実現
・従来製品(M-G370/365/364/354)と互換性を維持し、お客様の開発コスト・評価期間を大幅に削減可能
・低消費電流 16mAを実現

■本製品のアプリケーション
・無人機(産業ドローン・地上車・海底探査 など)
・カメラ・アンテナなどの制振制御
・産業機器などの振動・角度・軌道計測
・ナビゲーションシステム(GNSS*3、INS*4、高精度ロケータ)、など

【関連リンク】
   製品の詳細情報は下記ウェブページをご参照ください。
   https://www.epson.jp/prod/sensing_system/

【お客様のお問い合わせ窓口】
   セイコーエプソン株式会社 MD営業部 MDプロダクトマーケティンググループ 
   ウェブサイト URL:https://www.epson.jp/prod/sensing_system/contact/

本製品の概仕様


用語説明】
   アラン分散
    センサーの性能を表す指標の一つで、静止時出力の安定性を表している。横軸にデータの平均時間、
    縦軸に平均時間で区切ったときの平均値の分散を示している。アラン分散に現れる特性の傾きは-1、
    -1/2、 0、 1/2、 1乗の傾きになることが知られており、アラン分散はノイズ密度と相関性があり、
    ノイズ密度は周波数、アラン分散は時間で表現される指標である。値が小さいほど、安定度が高く、
    性能がよいことを示す。

*1:慣性計測ユニット(Inertial Measurement Unit:通称IMU)
        3軸の角速度センサーと3軸の加速度センサーからなる慣性運動量を検出する装置
*2:角度ランダムウォーク
        アラン分散の-1/2乗の傾きをもつ部分を角度ランダムウォークと呼ぶ。ホワイトノイズと相関が
        あるため、平均時間を長くすると平均時間の-1/2乗で値は小さくなる。
*3:GNSS(Global Navigation Satellite System)
        全地球測位衛星システム
*4:INS(Inertial Navigation System)
        慣性航法装置
*5:ジャイロ(角速度)センサー
        基準軸に対する、物体の単位時間当たりの回転角度(角速度)を検出するセンサー
*6:バイアス安定性(Bias Instability)
        アラン分散で水平(0乗)の特性を表す部分をバイアス安定性と呼ぶ。1/fノイズと相関があり、
        センサーのポテンシャルを表す重要な指標の一つである。

                                                             M-G370S ジャイロ アラン分散 (Typ.)

 

 

 

 

 



 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. セイコーエプソン㈱ >
  3. 姿勢・制振制御のアプリケーションに最適なIMU『M-G370PDS0』を開発