宮城県塩竈市の『浦戸再生プロジェクトイノベーションマネージャー業務委託』を受託しました

株式会社MAKOTO WILL(本社:宮城県仙台市、代表取締役 菅野永)は、宮城県塩竈市「浦戸再生プロジェクトイノベーションマネージャー業務委託」の受託事業者となりましたことをお知らせします。
本事業では、宮城県塩竈市浦戸諸島の島民のみなさまと共にビジョンを策定し、株式会社MAKOTO WILL・株式会社VISIT東北・株式会社ライフブリッジ・株式会社NTTドコモの4社の有する広範なネットワークを活用しながら、課題解決に必要な技術・ノウハウをもった会社とのマッチングを実施します。そして、島のポテンシャルとそれぞれの会社の強みをかけあわせながら、Society5.0につながる課題解決を行います。

株式会社MAKOTO WILLは、効率的な拠点運営や地域事情を押さえた支援体制の構築、外部専門家ネットワークの活用を通じ、プロジェクトマネジメントオフィスの運営や各プロジェクトのマネジメントを担当します。


■事業実施の背景

今回の事業対象である浦戸諸島は、宮城県の松島湾に存在し、4つの有人島と多くの無人島で構成されています。また、地域内では、IT活用による地域産業の向上、漁業の担い手不足、交通の利便性向上、島民の介護・医療予防など様々な課題を抱えています。

これらの課題や島民のニーズを明らかにし、企業とのマッチングを経て、社会実装に繋げる仕組みを構築することが必要とされています。

■主な事業と業務

・地域課題の抽出

浦戸諸島の有識者、地縁あるメンバーなどの多様なネットワークを活かし、島民の本音を引き出すことで実現性の高いマッチングや事業に繋げます。また、島民ヒアリングの際にはアンケートだけでなく、対話によるヒアリングも同時に実施することで、島民のメリットを押さえた実効性の高い解決策を創出していきます。

・イノベーション技術等を活用した課題解決事業の実践、実施体制の構築

抽出された地域課題に基づいて適切な技術を選定し、外部ネットワークも用いた柔軟なチーム組成・実効性の高い課題解決を目指します。

・地域課題の解決に向けた民間事業者とのマッチング

島の課題を多角的に捉えた上で、4社の持つ広範なネットワークを活用した民間事業者への適切なマッチングを行い、その後の社会実装に繋げていきます。

・法規制対策

 地域課題の抽出を行い、課題解決のために法律の改正が必要と判断された場合には、島内ステークホルダー、県などとの協議や専門家との連係を行います。そして、島民の意思を尊重した上で、嘆願書の提出などを行います。

■株式会社MAKOTO WILLについて
「自治体と共に地方から日本をおもしろく」がミッション。自治体のパートナーとして、創業支援事業・若者向け起業家教育事業・自治体職員向けオンラインサロン運営等を行い、自治体や地方の課題を総合的に解決しています。

企業名 :株式会社MAKOTO WILL
代表者 :菅野 永
所在地 :宮城県仙台市若林区清水小路6-1
事業内容:自治体連携事業(創業支援、人材誘致・育成事業等)
URL  :https://mkto-will.jp/
連絡先 :info-will@mkto.org
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社MAKOTO WILL >
  3. 宮城県塩竈市の『浦戸再生プロジェクトイノベーションマネージャー業務委託』を受託しました