【参加者募集】プログラミング教育を学ぶ未来のプロ講師が小学生を対象に無料ワークショップを開催

2019年2月2日にプログラミング教育講師養成講座の受講生によるワークショップを東京と大阪で開催

キャスタリア株式会社(本社:東京都港区 以下「キャスタリア」)は2019年2月2日(土)にプログラミング教室を開催します。当社が行っているプログラミング教育指導者養成講座CodeEdu/(コードエデュ)の受講生が講師を務めるものです。東京と大阪の2会場で行うワークショップは全3回で、それぞれ異なる内容となります。
「冬の無料プログラミング体験教室〜人気教材Ozobotでプログラミングを学ぼう!」が2019年2月2日(土)に東京と大阪で開催されます


本ワークショップはキャスタリアが行うプログラミング教育講師養成講座「CodeEdu/(コードエデュ)」の締めくくりのプログラムです。今まで講座で学んだことを最大限に詰め込み、アウトプットする場となっています。受講生がグループを組み、それぞれが創意工夫を凝らした企画を行います。

小学生の参加者の方々は、夢中になって遊んでいるうちに「ロボットをどうやったら操れるのか」と必死に頭を悩ませる、そんな素敵な体験を無料ですることができます。今後求められるプログラミング的思考を、小さなロボット「Ozobot」を用いて楽しく学んでみませんか。
 


日付:2018年2月2日(土)
時間:10:00 - 11:30 Ozobot探検隊① / 13:00 - 14:30 Ozobot探検隊② / 15:00 - 16:30 Ozobot探検隊③
場所:東京会場(市ヶ谷健保会館:都営新宿線「曙橋駅」下車徒歩8分)
大阪会場(関西大学梅田キャンパス:阪急「梅田駅」茶屋町側から徒歩5分)
対象:小学3年生から6年生
参加費:無料
定員:各回10名(各会場全3回)

*各会場全3回のワークショップはそれぞれ内容が異なります。

申し込み方法:ウェブサイトから申し込み
ウェブサイト:https://sites.google.com/code-edu.club/ws2018fw


■キャスタリアについて
キャスタリア株式会社は“教育×ITで社会問題を解決する”をモットーに、 新たな学びを創出する企業です。 モバイルラーニングプラットフォーム「Goocus」を開発し企業や教育機関に提供しています。 また長野県を中心に教育事業を行う学校法人 信学会とともに、 日本初のプログラミング(コード)を必修科目とした広域通信制高校「コードアカデミー高等学校」の運営にも携わっています。
https://castalia.co.jp/ja/


  1. プレスリリース >
  2. キャスタリア株式会社 >
  3. 【参加者募集】プログラミング教育を学ぶ未来のプロ講師が小学生を対象に無料ワークショップを開催