国内/越境 EC プラットフォーム「G1 Commerce」 、Amazon Payに対応した 「VeriTrans4G」 との連携 を 標準搭載

株式会社 UZEN(本社:東京都港区、代表取締役社長:スコット キム、以下 UZEN)は、決済事業を手がけるベリトランス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役執行役員社長:篠 寛、以下 ベリトランス)のAmazon Payにも対応した総合決済ソリューション「VeriTrans4G」と、UZENの国内/越境 EC プラットフォーム「G1 Commerce(ジーワンコマース)」との連携を標準搭載いたしました。
これによりUZENの国内/越境 EC プラットフォーム「G1 Commerce」を導入する企業は、業界最多レベルの決済手段に対応した次世代型総合決済ソリューション「VeriTrans4G」を、導入コストや実装期間を抑えながら利用できるようになります。
  • 本連携のメリットと実績

UZENの国内/越境 EC プラットフォーム「G1 Commerce」は、国内はもちろん海外展開、テナント型ECモールや複数ブランド型ECモールなど様々なECビジネス成功のために必要な機能が揃っています。カート機能、統計や分析、プロモーション機能はもちろん、多言語対応などの越境を前提とした機能も標準搭載され、将来の拡張性も安心して検討できる理想的なECプラットフォームです。

この「G1 Commerce」にAmazon Payに対応した次世代型総合決済ソリューション「VeriTrans4G」との連携が標準搭載されたことで、「G1 Commerce」を導入する企業は次の3点が期待できます。

1.導入コストの削減:
「VeriTrans4G」繋ぎこみの実装作業を抑え、導入コストや納期の短縮ができます。

2.自社ECサイトの売上増加:
Amazon Payを利用すれば、Amazonアカウントをお持ちのお客様はクレジットカード情報や住所情報を入力する必要がなくなり、Amazon Payで最短3クリックでの決済完了も可能です。自社ECサイトでの購入プロセス利便性が高まるため離脱率改善や売上増加が期待できます。

3.運用効率向上:
決済/管理、精算などの業務が一元管理できます。

UZENは2020年9月、プレタポルテ、バッグ、シューズ、ジュエリーなど豊富なコレクションを展開するアパレル企業様のオンラインショップのECプラットフォームに、Amazon Pay対応「Veritrans4G」が標準搭載された「G1 commerce」を提供いたしました。

「G1 Commerce」詳細 
http://g1commerce.jp/

 
  • 次世代型総合決済ソリューション「VeriTrans4G」

「VeriTrans4G」は、カード、コンビニ、銀行などの基本決済はもとより、電子マネー、キャリア決済、Apple PayやPayPayをはじめとした各種ID決済、国際決済まで業界最多レベルの決済手段に対応した次世代型総合決済ソリューションです。
クレジットカード情報の非保持化に完全対応した国内最高水準のセキュアなシステムを基盤に、継続課金やカード情報更新機能などの基本機能や不正利用を防止する多様なセキュリティオプションが標準提供されています。

今回、「VeriTrans4G」のID決済メニューにAmazon Payが追加されたため、「VeriTrans4G」を利用する企業は、Amazon Pay利用申込みでスムーズにAmazon Pay導入ができます。
またAmazon Payにて都度課金と継続課金を利用する場合、通常はそれぞれのAPIへの接続が必要となりますが、「VeriTrans4G」を介して導入する場合、1種のAPIへ接続するのみで都度課金、継続課金の双方が利用できます*1。
ベリトランスの管理画面で取引情報を一元管理でき、導入した決済手段ごとの取引情報を抽出して集計することもできるほか、収納金はその他決済手段の預り金と一括で精算または振込されるため、新たな決済方法の追加による運用負荷を抑えることができます。

「VeriTrans4G」詳細
https://www.veritrans.co.jp/payment/

*1 「VeriTrans4G」Amazon Pay継続課金機能は2020年11月末より提供予定です。

---------​
「Amazon Pay」概要
「Amazon Pay」は、Amazonアカウントに登録されている住所情報やお支払い情報を使って、Amazon Payに対応しているECサイトやアプリケーションで商品やサービスの支払いができるID決済サービスです。
 お客様はECサイトやオンラインサービスの支払い時にAmazon Payを選択し、クレジットカード情報や送付先情報を入力することなく、最短3クリックで 決済が完了します。購入するたびに支払いを行う都度課金(ワンタイムペイメント)に加え、定期購入や月会費、定期購読料など、利用者に定期的に課金する継続課金(Auto Pay)にも対応しており、利用者が初回の支払い手続きで、以降の支払いをAmazon Payで支払う設定を行うことで、次回以降は手続きすることなく継続課金が可能になります。
 お客様はクレジットカード情報など個人情報の入力やID管理の必要がなくなり、スピーディーに支払いができるため、支払いの利便性が向上します。一方、EC事業者様はAmazon Payの導入により、Amazonアカウントを保有するお客様に、自社ECサイトで簡単に安心してお買い物できる顧客体験を提供することが可能となり、スムーズな購入プロセスにより、決済画面での離脱防止も期待できます。

※Amazon、Amazon Payおよびそれらのロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
---------​

【ベリトランスについて】
 https://www.veritrans.co.jp/company/
デジタルガレージグループで、オンライン決済事業及びPOS向け決済、コード決済等のオフライン決済事業を展開する決済プロバイダー。流通、サービス、メーカー、省庁・自治体など幅広い業界の事業者に対して、EC、実店舗、オムニチャネルなど多様なチャネルで活用可能な決済ソリューションの提供を通じ、キャッシュレス化及び事業の成長を支援しています。社会インフラに成長した決済サービスの担い手として、DGグループのイーコンテクストと共に、行政・クレジットカード業界への提言、政策や業界動向に応じたサービスのスピーディーな提供など、事業者・消費者に必要とされる安全安心な環境、ソリューションを拡充しています。

【株式会社UZEN について】
 http://uzen.net/
UZENはお客様の様々なEC事業展開をシステム面から戦略立案まで​パートナーとしてお手伝いいたします。UZEN独自の国内/越境 EC プラットフォーム「G1 Commerce」は、将来の拡張性も安心して検討できるECプラットフォームで、国内から越境、単一モールからテナント型モールなどECビジネス成功のために必要な機能が揃っています。
また、自社ブランドを巨大EC市場であるアジアへの展開、また 海外ブランドの日本市場へのEC展開では、市場調査や戦略提案、現地パートナーの紹介、英語や韓国語など現地言語での対応までトータルにサポートしています。

社名: 株式会社UZEN(ユゼン)
所在地: 東京都港区三田2-7-12徳文堂ビル4F
事業内容: Eビジネス/国内/越境 ECプラットフォーム構築、ECプラットフォームソリューション販売、
海外ビジネス展開コンサルおよび支援、アウトドア用品流通
代表者: 代表取締役社長 スコットキム

 

以上
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社UZEN >
  3. 国内/越境 EC プラットフォーム「G1 Commerce」 、Amazon Payに対応した 「VeriTrans4G」 との連携 を 標準搭載