株式会社ウテナ協賛 アレクサンドル・ラザレフ指揮 日本フィルハーモニー交響楽団 特別演奏会

2017年6月11日(日)東京オペラシティコンサートホールにて開催

今年創業90周年を迎えた、株式会社 ウ テ ナ(本社:東京都世田谷区、代表取締役:岩倉具房、設立:1927年)は、2017年6月11日(日)に開催される、アレクサンドル・ラザレフ指揮「日本フィルハーモニー交響楽団 特別演奏会」に冠協賛いたします。

 
コンサート情報:http://www.japanphil.or.jp/concert/21507

当社は、芸術文化支援、社会貢献活動の一環として、オーケストラを通した音楽の魅力と楽しさを伝える活動に賛同し、2008年より日本フィルハーモニー交響楽団のコンサートに毎年協賛しており、今年で10回目となります。

■コンサート概要
【日時】2017年6月11日(日) 14:30開演(14:00開場)
【会場】東京オペラシティコンサートホール (〒163-1403東京都新宿区西新宿3-20-2)
【プログラム】
・チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 op.35
・ショスタコーヴィチ:交響曲第5番 ニ短調 op.47
<ヴァイオリン>山根一仁


■指揮者 アレクサンドル・ラザレフ プロフィール
ロシアを代表する指揮者の一人。2016年9月より桂冠指揮者兼芸術顧問。2008年9月から8年にわたり日本フィル首席指揮者を務め、3年に渡る「プロコフィエフ交響曲全曲演奏プロジェクト」では、1秒たりとも無駄にしない徹底したリハーサルで演奏水準を引き上げ、「ラザレフ効果」と評された。2011年9月から5年間の契約を延長し、「ラザレフが刻むロシアの魂」をスタート。「SeasonⅠラフマニノフ」では、初回から作曲家の人間性にまで深く迫っていく解釈と、妥協なくその解釈を表現させる演奏で会場を熱狂させ、歴史的な作品の評価までをも変える名演となった。続く「SeasonⅡスクリャービン」では、日本人には馴染みの薄いスクリャービンの独特な色彩的・神秘的な世界を分かりやすくダイナミックに提示して話題を集め、2年にわたる「SeasonⅢショスタコーヴィチ」では緻密かつ圧倒的な演奏で会場を熱狂させた。現在は「SeasonⅣグラズノフ」を展開中。
モスクワ音楽院でL.ギンズブルグに師事、同音楽院を首席で卒業。数々のコンクールを制し、1987年から1995年にかけてボリショイ劇場の首席指揮者兼芸術監督を務め、黄金時代を築いた。

■日本フィルハーモニー交響楽団 プロフィール
1956年6月創立、渡邉曉雄が初代常任指揮者を務める。60年の歴史と伝統を守りつつ、さらなる発展を目指し「オーケストラ・コンサート」、「エデュケーション・プログラム」、「リージョナル・アクティビティ」という三つの柱で活動を行っている。
首席指揮者ピエタリ・インキネン、桂冠指揮者兼芸術顧問アレクサンドル・ラザレフ、桂冠名誉指揮者小林研一郎、正指揮者山田和樹、ミュージック・パートナー西本智実という充実した指揮者陣を中心に、“音楽を通して文化を発信”している。2011年4月より「被災地に音楽を」を開始、2017年3月末までに2015公演を実施している。
オフィシャルウェブサイト:http://www.japanphil.or.jp
 


【会社概要】
株式会社 ウ テ ナ
所在地 : 〒157-8567 東京都世田谷区南烏山1-10-22
設立  : 1927年(昭和2年)4月
代表者 : 代表取締役社長 岩倉具房
事業内容: 化粧品・医薬部外品製造販売・不動産賃貸業
URL   : http://www.utena.co.jp/【会社概要】


【本製品に関するお客様からのお問い合わせ先】
株式会社 ウ テ ナ お客様相談室   〒157-8567 東京都世田谷区南烏山1-10-22
フリーダイヤル:0120-305-411(9:00~17:00 土日・祝日・夏期休暇・年末年始を除く)
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ウテナ >
  3. 株式会社ウテナ協賛 アレクサンドル・ラザレフ指揮 日本フィルハーモニー交響楽団 特別演奏会