佐賀県、久光製薬株式会社と連携協定。Vリーグ機構「スーパーリーグ構想」発表後、女子バレーボールチームで全国初

夏に久光製薬スプリングスによるバレー教室を実施、冬に開催の県内試合をバックアップ。

佐賀県と久光製薬株式会社(以下久光製薬)は、6月16日(金曜日)、女子バレーボールチーム「久光製薬スプリングス」を通じた地域の一体感や活力の醸成及び地域の活性化を目的とした連携協定を締結しました。

左から佐賀県知事・山口祥義、久光製薬株式会社代表取締役社長(COO)中冨一榮(なかとみ かずひで)氏左から佐賀県知事・山口祥義、久光製薬株式会社代表取締役社長(COO)中冨一榮(なかとみ かずひで)氏

 

1948年から女子バレーボールの自社チームを組織化、来年創部 70周年を迎えます。(写真提供:久光製薬スプリングス)1948年から女子バレーボールの自社チームを組織化、来年創部 70周年を迎えます。(写真提供:久光製薬スプリングス)


 これは、昨年9月20日(火曜日)と今年5月31日(水曜日)にVリーグ機構が発表した「スーパーリーグ構想」が打ち出す方向性の一つである「自治体と連携し、地域に根付いた活動」に基づいて、佐賀県と久光製薬で協議してきたもので、双方の思いを連携協定として形にし、具体的な取組を進めていくこととなりました。

 「スーパーリーグ構想」発表後、Vリーグ女子チームに関する企業と自治体との連携協定の締結は、全国初となります。

・参考:【Vリーグ機構】2017年5月31日スーパーリーグ構想記者会見資料
    http://www.vleague.or.jp/news_topics/article/id=19812

 
  • 佐賀県知事・山口祥義(やまぐち よしのり)コメント
 
 今回の連携協定をきっかけに、久光製薬と佐賀県との関係をさらに強化し、久光製薬スプリングスの活動を通じた地域活性化の取組を進めていくことで、県民の皆さんに久光製薬スプリングスが「佐賀の宝」であり、「誇り」であることの認知を進め、地域の一体感を生み出していきたい。

 
  • 連携協定に基づく具体的な取組

(1)久光製薬スプリングスによるバレーボール教室や公開練習の実施
(2)久光製薬スプリングスによる県内のジュニア選手との交流
(3)県及び久光製薬スプリングスの相互による情報発信
(4)県による久光製薬スプリングスの試合及び強化合宿における会場確保等の協力 など

 
  • 久光製薬スプリングスの今後の佐賀県内での活動計画

・6月20日(火曜日)~6月30日(金曜日) 佐賀県内で合宿
・6月24日(土曜日)15時~ 「2016/17シーズン報告会」 (会場:ゆめタウン佐賀1階セントラルコート)
・夏にも佐賀県内での合宿が計画されており、バレーボール教室、公開練習の実施や県内のジュニア選手と交流予定
・冬にはV・プレミアリーグ佐賀大会の開催
 

左から佐賀県知事・山口祥義、久光製薬株式会社代表取締役社長(COO)中冨一榮(なかとみ かずひで)氏、佐賀県観光PRマスコット・壺侍(つぼざむらい)左から佐賀県知事・山口祥義、久光製薬株式会社代表取締役社長(COO)中冨一榮(なかとみ かずひで)氏、佐賀県観光PRマスコット・壺侍(つぼざむらい)

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 佐賀県 >
  3. 佐賀県、久光製薬株式会社と連携協定。Vリーグ機構「スーパーリーグ構想」発表後、女子バレーボールチームで全国初