VR分析サービス「AccessiVR(アクセシブル)」で、ユーザー属性が取得可能に!東京ゲームショウ2017にも出展決定!

株式会社ダズル(代表取締役CEO:山田 泰央、本社:東京都渋谷区、以下「ダズル」)が開発・運営する、アジア初のVRプロダクトの分析・運用サポートサービス「AccessiVR(以下「アクセシブル」)」において、ユーザー属性の取得が可能になり、さらに東京ゲームショウ2017のVR/ARコーナーに出展することが決定いたしました。
 


■AccessiVR(アクセシブル)とは
AccessiVR(アクセシブル)は、ユーザーのVR体験を可視化することで、サービスを改善し、目標を達成することをサポートするためのVRグロースハックツールです。
視点データをはじめとした様々なVR利用データを取得し、ユーザーのVR体験を可視化いたします。
また、サービスプロモーション動画を公開いたしました。
https://www.youtube.com/watch?v=3icrPuCjYxA

 


サービス詳細はこちら:https://accessivr.io/

■ユーザー属性取得機能について
ユーザーのVR体験可視化の一つとして、ユーザー属性、すなわちデモグラフィックデータの取得が可能になりました。
現在取得できるデータは、「性別」と「年齢層」の2つです。VRコンテンツ利用前などのタイミングでユーザーに入力してもらう形式となります。
VRコンテンツ開発側でユーザー属性入力の有無を選択することができます。入力UIを表示させる場合も自由度高くUIを作り込むことができコンテンツの世界観を損ねないUIを実現できるため、ユーザー体験を損ねない形でのデータの収集が可能となります。

▲ダズルが開発した「ワンオペ VurgeR」での入力UI例

▲取得したユーザー属性データの表示

■東京ゲームショウ2017 VR/ARコーナーへの出展について

2017年9月21日から24日まで開催される、東京ゲームショウ2017内のVR/ARコーナーの「10-W16」ブースに展示することを決定いたしました。
ブースでは、アクセシブルのデモや詳細な機能についてのご説明をご覧いただける他、ダズルが開発したマルチプレイVR-FPSコンテンツ「Rays」もプレイしていただけます。

【東京ゲームショウ概要】
◇日程
ビジネスデイ:9月21日(木)・9月22日(金)
一般公開日:9月23日(土)・9月24日(日)
◇会場
幕張メッセ
◇株式会社ダズルブース
VR/ARエリア(9〜11ホール) 10-W16ブース

■ダズルについて
株式会社ダズルは、VRプロダクト分析サービスの「AccessiVR(アクセシブル)」を軸にVR事業を行っている会社です。https://accessivr.io/
2016年、2017年にかけてVR事業において総額3.5億円の資金調達を実施しました。
今後成長の見込まれる VR 市場や、これまで主軸としてきたゲーム事業において「楽しい」と「便利」を創造することで世の中に価値を提供していきます。
ダズルやVRに関する情報はブログ「Dazzle channel」よりご覧ください。https://blog.dzl.co.jp/

■会社概要
会 社 名:株式会社ダズル(http://dzl.co.jp/
本   社:東京都渋谷区千駄ヶ谷5-17-14 MSD20ビル2F
代 表 者:代表取締役CEO 山田 泰央
創   立:2011年
資 本 金:4億1198万円(資本準備金含む)
事 業 概 要:VR(仮想現実)サービスの提供/
             スマートフォンゲームの企画・開発・運用事業/
             受託開発・研究開発事業

VRの企画・開発のご相談:https://dzl.co.jp/virtual_reality
スマートフォンゲーム企画・開発のご相談:info@dzl.co.jp
 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ダズル >
  3. VR分析サービス「AccessiVR(アクセシブル)」で、ユーザー属性が取得可能に!東京ゲームショウ2017にも出展決定!