「レトロカー再生への道-シーズン3-」公開!

第三弾は30年モノの国産車「NISSAN-PAO」

「99工房」20周年特別プロジェクトとして2016年12月に立ち上がりました「レトロカー再生への道」は、第一弾として1995年製の「FIAT-PANDA」、第二弾は1998年製の「PEUGEOT-106」を見事に再生、DIY補修で当時の輝きを取り戻すことができました。
このたび、株式会社ソフト99コーポレーション(代表取締役社長:田中 秀明)は、第三弾として1989年製「NISSAN-PAO」の再生を目指す、「レトロカー再生への道-シーズン3-」を実施いたします。「レトロカー再生への道」史上、最も古い車でありながらも、そのレトロ調でかわいらしい風貌とアウトドアにも映える雰囲気を持ったいまでも人気の高い「NISSAN-PAO」をお手入れしていくことを通じて、古くなった車もほんの少しのお手入れで輝きを取り戻すことができること、そして「自動車を長く大切に乗り続ける」というエコで新しい価値観として広く情報発信し、循環型社会の形成に貢献することにも繋げていきたいと考えております。
「99工房」サイト内特設コンテンツ「レトロカー再生への道」にて、その様子をご紹介していきますので、ぜひご覧ください。


~レトロカー再生への道~
「レトロカー再生への道」は、ソフト99の自動車用DIY補修ブランド「99工房」ブランド発足20周年を記念し、一見難しいと思われがちな自動車のDIY補修をより身近に、より楽しく感じていただき、ご自身の手で愛車を補修し、愛車に見違えるような輝きを取り戻すことで車への情緒価値を今一度味わっていただきたいという思いから立ち上げた、「99工房」特別プロジェクトです。
第一弾の1995年製「FIAT-PANDA」及び、第二弾の1998年製「PEUGEOT-106」の再生の様子は、「99工房」ブランドサイト内の特設コンテンツにて順を追ってご紹介するとともに、イベント・展示会では実車を展示し、実際の目で再生された車両をご確認いただいたことで、多くのユーザーからご評価いただきました。


99工房とは・・・
“カンタン・キレイ・たのしい補修”をキャッチフレーズに、自動車用DIY補修用品の総合ブランドとして1995年に販売をスタート、お客様の愛車のキズの症状や仕上がりレベルに応じた数々の製品ラインナップの拡充や、店頭プロモーション・PR活動などを通じて自動車用DIY補修の啓発を行い、多くのドライバーにご愛顧いただいております。

・・・ ここがポイント ・・・
1.    第三弾は“30年モノ”の国産車「NISSAN-PAO」
「レトロカー再生への道ーシーズン3-」で選んだ車は、発売当時「パイクカー」と呼ばれレトロで先鋭的なスタイルが人気を博し、納車までに長い時間がかかったというエピソードがあるほどの車で、30年以上経った現在ではキャンプやアウトドアに映えるとの呼び声も高い、「NISSAN-PAO」。第一弾、第二弾の輸入車の名車とはまたひと味違う国産車の雰囲気にもご期待ください。



2.    「99工房」で「NISSAN-PAO」がよみがえる様子をわかりやすく紹介
これまで同様、パーツや作業工程ごとに切り分け、誰でも手軽に揃えることができる「99工房」のアイテムを使うことで、ハウツーやコツをわかりやすく紹介。洗車や車内などの手軽なメンテナンスから本格的なバンパー補修に至るまで、ユーザーがご自身の愛車に長く乗るために幅広く参考となるコンテンツとなっております。




■概要
名   称:レトロカー再生への道-シーズン3-
配 信 日:2021年8月
紹介サイトURL:https://www.99kobo.jp/rebirth_project/nissan-pao/

※本プレスリリースに記載されている会社名、商品・サービス名は、各社の商標または登録商標です。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ソフト99コーポレーション >
  3. 「レトロカー再生への道-シーズン3-」公開!