子どもとの“やりとり”に悩むママ・パパあつまれ「おうち学習の“ワッ!”くらぶ」2月3日(水)オープン!

一般社団法人日本新聞協会(所在地:東京都千代田区、会長:山口寿一、以下日本新聞協会)と、クオン株式会社(本社所在地:東京都港区、代表取締役:武田 隆、以下クオン)は共同で、子どもとの“やりとり”に悩むママ・パパのためのコミュニティサイト「おうち学習の“ワッ!”くらぶ」を2月3日(水)にオープンいたしました。新型コロナウイルス感染拡大に伴い、親子ともに在宅時間が増えています。子育てや自主学習の不安・悩みの解消に役立てていただければ幸いです。

2020年にクオンが実施した「おうちでの子どもの教育について」のアンケート結果によると、小学生の子どもを持つ親(20〜40代)は、「子育て中でも自分の時間は大事にしたい」との希望が56%と最も多く、次いで「子どもの教育には時間とお金をかけたい」が44%と、子どもの教育も自分自身の時間もどちらも大事にしたいと考えていることがわかりました。また、「自分の子育てが正しいのか不安になる」と回答した方も43%おり、自分の子育てに自信が持てない親も多くいました。


「おうち学習の“ワッ!”くらぶ(https://cs.beach.jp/scu/1hei)」は、各家庭で多種多様な「おうち学習や子どもとの“やりとり”のお悩み」について参加者同士がコミュニケーションを取りながら、“ワッ!”という気づきに変えていく場として、クオンが運営する“絆”のコミュニティ※上に開設されました。


日本新聞協会とクオンは「おうち学習の“ワッ!”くらぶ」を通して、小学生の子どもを持つ親が、自分の時間も大事にしながら、子どもと向き合うことを楽しめるような場づくりに貢献していきます。

※ 2020年1月30日に開設した、クオンが運営するオンライン上のファンコミュニティプラットフォーム。14の企業・自治体と15,000人を超える生活者が集い(2021年2月2日現在)、「絆」をテーマに交流したり、参加企業・自治体のコラボレーション企画や、双方向コミュニケーションから生まれる生活者起点の情報をもとにした価値共創のイベント等を行っている。

■コミュニティオープニングキャンペーン
「おうち学習の“ワッ!”くらぶ」オープンを記念して、抽選で700名様に、「図書カードネットギフト(500円分)」や「できたよ手帳」などが当たるキャンペーンを実施いたします。

期間:2021年2月3日(水)〜4月9日(金)正午
賞品:図書カードネットギフト(500円分)500名
         学研ステイフル「できたよ手帳」130名
         アートプリントジャパン「なぜなにふしぎカレンダー(2021年版)」70名
応募条件:期間中「おうち学習の“ワッ!”くらぶ」のキャンペーン対象テーマに1回以上コメントを投稿した方
※ご応募は、日本国内にお住まいの方、かつ賞品のお届け先が日本国内の方に限らせていただきます
※キャンペーン事務局にて厳正な抽選のうえ決定いたします。当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます

■一般社団法人日本新聞協会
https://www.pressnet.or.jp/
日本新聞協会は、自由で責任のある新聞を維持・発展させ、新聞倫理の向上を目指す自主的な組織で、全国の新聞・通信・放送129社が加盟しています。 表現の自由の擁護と新聞倫理の向上を目指した諸活動のほか、新聞全般にかかわる調査・研究とPR活動、定期刊行物の発行、記者教育や業務研修、学校教育や仕事での新聞の活用(NIE、NIB)促進に取り組んでいます。

■クオン株式会社
https://www.q-o-n.com/
クオンはファンコミュニティを運営する会社です。“絆”のテクノロジーで、ファンを育て、ファンになる理由を明らかにします。ファンの声は、商品開発やCMに生かされ、経営会議や社員食堂にも届けられます。それはすでに始まっています。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. クオン株式会社 >
  3. 子どもとの“やりとり”に悩むママ・パパあつまれ「おうち学習の“ワッ!”くらぶ」2月3日(水)オープン!