スリーシェイク、「CloudNative Days Tokyo 2021」セッション登壇のお知らせ

SREのプロフェッショナル集団である株式会社スリーシェイク(本社:東京都新宿区、代表取締役:吉田 拓真、以下スリーシェイク)は、国内最大級のテックカンファレンス「CloudNative Days Tokyo 2021」において、Sreake事業本部 池田 達哉、戸澤 涼の登壇が決定したことをお知らせします。


■イベント概要
イベント名称: CloudNative Days Tokyo 2021
会期    : 2021年11月4日(木)・5日(金) 
会場    : オンライン
参加費   : 無料
申込    : https://event.cloudnativedays.jp/cndt2021

■登壇詳細
タイトル:3-shake inc. における 「Progressive Delivery 導入までの悩みと取り組み」
講演者:Sreake事業本部 池田 達哉、戸澤 涼
登壇時間:11月4日(木)14:20-15:00
セッション概要:
スリーシェイクのSreakeでは、SREとしてCloudNative に特化した技術支援をしておりCI/CD を導入する機会も多々あります。
CI/CD のメリットとして、リリースコストの削減によるデプロイ頻度の向上が挙げられます。その傍ら、運用者の視点に立つとデプロイ回数が増加したことによる障害の増加は怖いものです。
CDを拡張した考え方として、Progressive Delivery があります。
これは、B/G,Canary,etc等のデプロイ戦略をベースとして、テスト(確認や分析などを含む)しながらロール
アウトを進めるという手法になります。

本セッションでは、運用者の視点に立ち「障害がシビアなサービスで、事前にテストし、リリース時のロールバックを起こし辛くする」という目的でProgressive Delivery をサポートしているOSS を比較・検証した話をします。

皆様のご参加をお待ちしております。

【株式会社スリーシェイク】
スリーシェイクは「テクノロジーを価値に変え、社会の根幹を支える」を掲げ、2015年に設立したテクノロジーカンパニーです。社会の根幹を支えるイノベーティブなプロダクトを連続的に生み出すことをミッションに、汎用性の高いインフラシステムの開発・提供をしています。

会社名   :株式会社スリーシェイク
代表者   :代表取締役 吉田 拓真
所在地   :東京都新宿区大京町22-1グランファースト新宿御苑3F・4F
事業内容 :SRE特化型コンサルティング事業「Sreake(スリーク)」運営
データ連携プラットフォーム「Reckoner(レコナー)」開発・運営
セキュリティサービス「Sreake Security(スリークセキュリティ)」運営
フリーランスエンジニア特化型人材紹介サービス「Relance(リランス)」開発・運営
会社HP  :https://3-shake.com/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. スリーシェイク >
  3. スリーシェイク、「CloudNative Days Tokyo 2021」セッション登壇のお知らせ