OBC、『奉行クラウドGroup Shared Model』7月27日発売

ニューノーマルなバックオフィス業務へ グループ企業のバックオフィスをクラウドで共通化し、DX推進を実現

勘定奉行・奉行クラウドをはじめとする基幹業務システムを開発・販売する株式会社オービックビジネスコンサルタント(代表取締役社長:和田 成史/本社:東京都新宿区/以下OBC)は、グループ企業向け専用モデル『奉行クラウドGroup Shared Model』を7月27日から発売いたします。

 

昨今、中小企業を抱えるグループ企業では、グループ全体の生産性向上やシステム運用負担の軽減を目的にした、クラウドによるバックオフィスシステムの共通化ニーズが高まっております。

今回リリースする『奉行クラウドGroup Shared Model』は、このようなグループ企業に対して、累計63万社のお客様に導入されている奉行ならではのサービス品質で、グループ各社の業務環境を高いレベルで共通化できる、複数企業管理対応の業務クラウドです。財務会計から申告業務、給与計算や人事管理など幅広いラインナップを取り揃えていることから、奉行クラウドが持つ業務プロセスの削減や自動化による生産性向上をグループ全体で実現することができます。

また今後起こりうるバックオフィス業務の人材不足に対しては、クラウドでデータが統合されていることから、本部でリアルタイムに参照・入力をすることができ、グループ会社の業務支援やシェアードサービス化も可能なモデルとなります。

OBCは『奉行クラウドGroup Shared Model』を通じて、クラウドによるグループ企業の生産性向上を支援し、ニューノーマルなバックオフィス業務を推進していきます。

【『奉行クラウド Group Shared Model』特長】
1.幅広いラインナップでグループ企業のバックオフィスを高いレベルで標準化
幅広いラインナップと優れた操作性や機能性、高いセキュリティに定評のある『奉行クラウド』による複数企業管理で、グループ企業のバックオフィスシステムを統一することができます。クラウドで財務会計から申告業務・給与計算や人事管理など幅広いバックオフィス業務が高いレベルで標準化できます。


2.グループに対する業務支援体制を構築できる
業務担当者の知識不足による締めの遅延や、急な欠員により業務運用が困難な状況に陥ったグループ企業を、本部スタッフがすぐに業務支援・代行をすることができます。バックオフィス業務の人材不足に対してグループで対応できます。
3. 負担なく、常に最新の業務環境が手に入る
制度改正やOSの変化などにも自動的にプログラムがアップデートされるため、担当者の負担なく、常に最新の業務環境が手に入ります。

▼『奉行クラウド Group Shared Model』はこちら
https://www.obc.co.jp/bugyo-v/gs
 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社オービックビジネスコンサルタント >
  3. OBC、『奉行クラウドGroup Shared Model』7月27日発売