「成城石井」と当社が展開するワインバー「Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYO」は、本年大晦日の営業時間短縮と、来年年始の休業店舗の規模を拡大いたします

成城石井は、スーパーマーケット「成城石井」とワインバー「Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYO」各店舗において、本年大晦日の営業時間短縮と、来年年始の休業店舗の規模を拡大させていただきます。休業により、従業員一人ひとりがリフレッシュして英気を養うことで、翌日から一層のサービス向上を実現することを目指しております。12月31日(火)は営業時間を短縮する店舗を前年よりも増やし、最長の店舗では通常よりも5時間早く閉店いたします。2020年元日は全182店舗のうち、2019年元日より微増の77%となる140店舗で休業。翌2日(木)は前年よりも休業店舗数を増やし、25店舗で休業いたします。成城石井は、この取り組みを通じて従業員の質を高め、お客様に一層ご満足いただける店舗づくりを実現してまいります。
株式会社成城石井(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:原 昭彦)は、従業員のより一層のサービス向上を実現することを目指して、スーパーマーケット「成城石井」と当社が展開するワインバー「Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYO」各店舗の本年大晦日の営業時間短縮と、来年年始の休業店舗の規模を拡大いたします。

■成城石井は、本年大晦日の営業時間短縮と、来年年始の休業店舗の規模を拡大いたします
成城石井は、スーパーマーケット「成城石井」と当社が展開するワインバー「Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYO」の、本年大晦日の営業時間を短縮する店舗と、来年年始の休業店舗の規模を拡大いたします。12月31日(火)は、路面店などを中心とした164店舗で営業時間を短縮いたします。短縮時間が最長である錦糸町テルミナ2店や日本橋高島屋店、柏高島屋店では、通常は23時閉店のところ5時間早い18時の閉店となります。2020年元日は全182店舗※のうち、2019年元日より微増のおよそ77%となる140店舗で休業。翌2日(木)は前年よりも9店舗増やした25店舗で休業いたします。

当社では従業員の仕事と生活のバランスの調和を目指す“ワークライフバランス”の向上を目指して働き方改革を推進しており、この年末年始の取り組みはその施策の一つでもあります。従業員が最繁忙期を終えて英気を養い、心身ともにリフレッシュすることで、翌日から一層のサービス向上を実現できるものと考えております。成城石井は、この取り組みを通してお客様によりご満足いただける店舗づくりに取り組んでまいります。
※全店舗182店舗の内訳は、成城石井175店舗・Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYO7店舗です。

■本年大晦日の営業時間短縮と来年年始の休業店舗数

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社成城石井 >
  3. 「成城石井」と当社が展開するワインバー「Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYO」は、本年大晦日の営業時間短縮と、来年年始の休業店舗の規模を拡大いたします