【参加者募集!先着30名】「I・TOP横浜 データ活用リーダー養成講座2019」製造業におけるデータやIoTの活用を考えるシンポジウムを開催します!

 

 横浜市と慶應義塾大学SFC研究所は、I・TOP横浜の取組として横浜市内の中小製造業4社を対象に、IoT及びデータを活用した生産性向上に資する人材を育成するための、企業単位での出張講座を開催いたしました。
 
 本講座の成果等を通じて製造業におけるデータやIoTの活用を考える場として、下記のとおりシンポジウムを開催いたします。

【データ活用リーダー養成講座2019シンポジウムについて】
 ◆日時:平成31年2月26日(火) 14:00~17:00(開場 13:30~)
 ◆場所:横浜情報文化センター7階大会議室(中区日本大通11番地)
 ◆対象:中小企業でIoTの活用に関心のある方
 ◆定員:先着30名程度
 ◆プログラム:
 <第一部:講演>
 ・14:10~15:00 「データ活用の重要性とポイント~測る・予測する・制御する~」
 (慶應義塾大学大学院・健康マネジメント研究科 渡辺美智子 教授)
 ・15:10~15:40 「IoTを活かしたものづくり(見える化・データ集積・生産性向上)」
 (株式会社東伸コーポレーション・代表取締役社長 廣藤義和氏)

 <第二部:パネルディスカッション>
 ・15:50~16:50 「横浜のものづくり企業におけるデータ活用・IoT活用~産官学連携の可能性」
 (パネリスト:講座受講の4社、コーディネーター:慶應義塾大学 環境情報学部 植原啓介 准教授)

 ◆申込方法:URL(http://dmc-lab.sfc.keio.ac.jp/itop2019-sympo/)よりお申し込みください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 横浜市 >
  3. 【参加者募集!先着30名】「I・TOP横浜 データ活用リーダー養成講座2019」製造業におけるデータやIoTの活用を考えるシンポジウムを開催します!