マーサージャパンとアルー、日本企業のグローバル人材育成を支援する英語・異文化教育ソリューション開発分野における戦略的提携について合意

世界最大級の組織・人事コンサルティング会社マーサーの日本法人であるマーサージャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役・島田圭子)は、人材育成データ・機械学習技術等を活用した社会人向け教育サービスの提供を行うアルー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長・落合文四郎)と、日本企業のグローバル人材育成を支援する英語・異文化教育ソリューション開発分野における戦略的提携について合意しました。

マーサーが持つ、組織・人事領域における幅広いコンサルティング知見と、アルーのグローバル人材育成の実績や英語・異文化教育ソリューション開発力を合わせて、グローバルに活躍できる人材およびその候補者に質の高い教育を提供することが可能になります。この提携により、マーサーのラーニング&ディベロップメント領域の提供ソリューションラインが強化されます。

マーサーは、アルーの海外派遣研修グローバルリーダーシッププログラム(GLP)と海外派遣型英語研修(ALUGO BOOT CAMP)に対して企画協力を行い、企業のタレントマネジメントシステムの強化およびグローバルリーダーの育成を加速させて いく予定です。

プログラム概要

プログラム名:海外派遣研修 グローバルリーダーシッププログラム(GLP)
~現地人部下をマネジメントして成果を出す 実践型海外駐在員ビジネスシミュレーション~
目的: 異文化対応力の強化と、グローバルリーダーに必要な「異文化背景をもつ相手から信頼を獲得し、リードする力」と「不確実な環境下で自ら考え意思決定する力」を醸成する
対象者: 推奨英語力TOEIC730点以上。海外赴任中の海外トレーニーやグローバルマインドがある若手社員、海外赴任予定者など
期間、場所: 8日間、インド

プログラム名:海外派遣型英語研修 ALUGO BOOT CAMP
~英語を第二言語としている人にも理解されやすく、ネイティブにも伝わるスピーキング力の習得~
目的: 現地企業との交渉などの難しい場面において、聞き返しや言い直しによるコミュニケーションで目的達成が可能なレベルに到達する
対象者: 推奨英語力TOEIC500点以上。基本的な英語の知識を頭で理解しているが、使えるまでには至っていないという方
期間、場所: 8週間、フィリピン

マーサーについて
マーサー(https://www.mercer.co.jp/) はより輝かしい未来は築くことができるものと信じています。私たちはクライアントと共に、仕事そのものを再定義し必要な改革に導き、退職制度や年金の投資成果を再構築します。そして、真の健康とウェルビーイングへと導くビジョンを掲げています。全世界約25,000名のスタッフが44ヵ国をベースに、130ヵ国以上でクライアント企業と共に多様な課題に取り組み、最適なソリューションを総合的に提供しています。マーシュ&マクレナン(NYSE:MMC)グループの一員として、日本においては 40年以上の豊富な実績とグローバル・ネットワークを活かし、あらゆる業種の企業・公共団体に対するサービス支援を行って います。

マーシュ&マクレナンについて
マーシュ&マクレナン(ニューヨーク証券取引所コード: MMC)は、グローバルプロフェッショナルサービスを提供する企業グループとして、顧客企業にリスク、戦略、人材分野の助言とソリューションを提供しています。マーシュ(保険仲介とリスクマネジメント/https://www.marsh.com/jp/)、ガイ・カーペンター(再保険仲介・コンサルティング/http://www.guycarp.com/)、マーサー (組織・人事マネジメント・コンサルティング/https://www.mercer.co.jp/)、そしてオリバー・ワイマン(戦略コンサルティング/https://www.oliverwyman.jp/)から構成されており、年間総収入170億米ドル、全世界に76,000名の従業員を擁し、世界各地の顧客に分析・アドバイスを提供しています。
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. マーサージャパン株式会社 >
  3. マーサージャパンとアルー、日本企業のグローバル人材育成を支援する英語・異文化教育ソリューション開発分野における戦略的提携について合意