「ダイレクト・マーケティング・フェア2019通販・EC EXPO」にBEENOS代表取締役社長の直井聖太が登壇

アジアECのポテンシャルを分析!多角的なデータから日本企業の進出余地を解説

BEENOS 株式会社(東京都品川区 代表取締役:直井 聖太、以下「BEENOS」)は、株式会社日本流通産業新聞社(以下日本流通産業新聞社)が主催する「ダイレクト・マーケティング・フェア2019<通販・EC EXPO>」セミナープログラムのイベント特別講演に、当社代表取締役社長の直井が登壇いたしますのでお知らせいたします。
BEENOSグループは、海外転送・代理購入サービスで、海外ユーザーが日本のECで販売されている商品を購入するサポートを2008年より行ってまいりました。現在運営する2つのサービス「海外発送サービス『転送コム』」と「代理購入サービス『Buyee』」では、連携ECサイト数は2,000以上、海外会員数は170万人以上となり、同業界では最大規模の海外発送数を誇ります。さらに、自社でライセンスを取得した商品の海外販売や、海外ユーザー向けのECモールの立ち上げ、アジア、アセアンのマーケットプレイスやEC企業への投資経験より、海外EC市場における多くの知見やデータを蓄積しております。


本講演は「アジアECのポテンシャルを分析!多角的なデータから日本企業の進出余地を解説」と題し、アジアのEC市場のポテンシャルや日本企業の進出余地、効果的な進出手法について、データを基にご紹介いたします。


◆ダイレクト・マーケティング・フェア2019とは
株式会社日本流通産業新聞社主催。通販・ECの総合展示会。
最新のEC支援サービスなど約100小間の展示ブースが一堂に出店、成長企業のEC戦略から業績を伸ばすノウハウなどのセミナーは2日間で70講座超と、EC関係者が来場し、活発な商談が行われます。

 
<開催概要>
日程 : 2019年4月22日(月)・23日(火)10時~17時会場 : 東京ビッグサイト西3ホール
主催 : 日本流通産業新聞社
入場料 : 500円(税込) ※ウェブサイトの事前登録で入場無料
URL : https://www.bci.co.jp/dmf
出展企業: 通信販売・EC事業者向けのシステム・サービスなどを提供する企業
来場者 : 通販・EC EXPO:通販・EC事業者、通販・EC支援事業者など

 
◆登壇プログラム概要
タイトル:アジアECのポテンシャルを分析!多角的なデータから日本企業の進出余地を解説
日時: 2019年4月22日(月)13:50-15:00
会場:東京ビッグサイト 西3ホール
参加費:2,000円(税込)
 

BEENOS株式会社
直井 聖太 
代表取締役社長 兼 グループCEO

【プロフィール】
コンサルティング企業に入社後、2008年、当社に入社。社長室で輸出Eコマース関連の新規事業を担当し、tenso株式会社(当時、株式会社転送コム)の立ち上げに参画。 
2012年、tenso株式会社の代表取締役社長に就任(現任)し、「From Japan」のクロスボーダービジネスを牽引する。 2014年より当社代表取締役社長兼グループCEOとして、クロスボーダー事業を軸とした新グループ成長戦略を推進し、グループ間や投資先とのシナジー効果を発揮し日本と海外を繋ぐグローバルプラットフォームの創造を目指す。

 
【BEENOS 株式会社の概要】
(1)社 名 : BEENOS 株式会社
(2)代 表 者 : 代表取締役社長 兼 グループCEO 直井 聖太(3)本 店 所 在 地 : 東京都品川区北品川四丁目7番 35 号
(4)設 立 年 月 : 1999年11月
(5)資 本 金 : 27億25百万円 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. BEENOS株式会社 >
  3. 「ダイレクト・マーケティング・フェア2019通販・EC EXPO」にBEENOS代表取締役社長の直井聖太が登壇