ジョブ型雇用支援サービス「Workship」が「Microsoft Teams」と連携スタート!

Microsoft Teamsで確認ができるから、候補者とのマッチングを見逃さない

GIG
株式会社GIGが運営する、「運命の仕事相手」が見つかるジョブ型雇用支援サービス「Workship(ワークシップ)」が、「Microsoft Teams」と連携いたしました。
この連携により、Workshipでマッチングが成立したことを、Microsoft Teamsでお知らせを受け取ることができます。


■今回のリリース内容
「Workship」でマッチングしたことを「Microsoft Teams」でお知らせすることが可能になりました。
以下の時に、ユーザーが指定したMicrosoft Teamsのチャットルームでメッセージを受け取ることができます。
- マッチングした時
- 自社の募集に気になる!をされた時
- 候補者からメッセージが送られた時

■「Microsoft Teams」をお使いの企業様へ
内閣官房の最新試算によれば、日本国内における2020年のフリーランス人口は462万人とされています。(※フリーランス白書2020_フリーランス協会:https://blog.freelance-jp.org/wp-content/uploads/2020/06/2020_0612_hakusho.pdf
また日本政府は7月3日、未来投資会議(議長・安倍晋三首相)を開き、2020年の成長戦略案を示しました。多様な働き方を後押しするため、兼業・副業の時間管理ルールを整備し、大企業が社員の兼業を認めやすくする。フリーランス労働者の保護を強化する考えを示しました。

これからは必然的に、フリーランスを活用できる企業が生き残っていくこととなるでしょう。しかし、求める優秀なフリーランスがどこにいるか分からない……とお悩みの方も多いはず。
「Workship」にご登録いただくことにより、確保が難しいハイスキルなフリーランスのエンジニア、デザイナーにアプローチができます。「Microsoft Teams」と連携しておりますので、マッチングが成立したことを見逃すことはありません。

■「Workship」について
「Workship」は『運命の仕事相手』が見つかるジョブ型雇用支援サービスとして、デジタル業界で活躍するプロフェッショナル人材と企業をプロジェクト単位でマッチングするサービスです。
デジタルクリエイター、エンジニアの働き方が多様化する中で、企業がプロフェッショナル人材を必要な期間や条件・報酬で検索、採用が可能です。2020年8月現在、登録会員数約18,000人、累計利用企業数は550社以上にご利用頂いています。
HP:https://enterprise.goworkship.com/

また、「Workship」の関連サイトとしてクリエイター向けWebマガジン「Workship MAGAZINE」の運営や、コワーキングスペース検索サイトの「Workship SPACE」なども展開。ハイレベルなフリーランス人材の活動発展を総合的且つ継続的にサポートするプラットフォームとして、更なる機能拡充に努めてまいります。
参照URL: Workship MAGAZINE(https://goworkship.com/magazine/
参照URL: Worship SPACE(https://goworkship.com/space/

■株式会社GIGについて
ナショナルクライアントからスタートアップまで、Webコンサルティング、UI/UXデザイン、システム開発など、DX支援をおこなう。また、約18,000人のITプロフェッショナルとプロジェクトマッチングサービス「Workship」を運営する。
参照URL: https://giginc.co.jp/
Facebook :@GIG Inc. / Twitter: @giginc2016

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社GIG 広報担当
東京都中央区日本橋浜町1-11-8-4F
メールアドレス:pr@giginc.co.jp

 
  1. プレスリリース >
  2. GIG >
  3. ジョブ型雇用支援サービス「Workship」が「Microsoft Teams」と連携スタート!