Z世代向けの社内イベント・研修DXサービス「バヅクリ」と商号統一

​~ “仲間を作り、未来を創る”「バヅクリ」で社会と企業の成長を目指す ~

プレイライフ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:佐藤太一)は本日より「バヅクリ株式会社」に商号を変更します。
商号変更と「バヅクリ」に込めた想いについて
今後、当社は主力サービスである「バヅクリ」事業に集中・注力し、ブランドの更なる向上と認知拡大を図ります。「バヅクリ」は、当社の企業理念である「この世から孤独を無くす」のもと、企業内の社員同士のつながりや、深い“絆”と“仲間”作りを支援するサービスです。

今後、社員の所在地、所属部署の違いを問わず、「仲間を作り、未来を創る」社会を構築するために必要不可欠なサービスになるよう、「バヅクリ」のサービスを拡充していきます。
テレワークが企業運営のスタンダートとなる中、社員同士のつながりや部門横断的な接点は減少し、従来、可能だった日常の雑談を通じたコミュニケーションは難しく、オンライン上でのコミュニケーションに必要なスキルの習得も課題となり、社員の心理的安全性の確保も懸念されています。

当社では2013年6月の設立以来、“アソビ”メディア「PLAYLIFE」、ホテル/旅館のコトづくり「コトプロ」を運営し、これまで培ってきたマーケティングとコミュニケーションのノウハウを活かし、“遊び”という手段を中心とした活動により、「バヅクリ」を提供していました。コロナ禍、多くの企業がテレワークを採用したことにより、遠隔地での人間関係構築の方法に注目が集まり、1年で300社以上(うち上場企業9割)の企業が「バヅクリ」を採用しています。今後はこれまでの“遊び”の手段を問わず、「仲間を作ることにより、未来を創造する」ことに重視し、テレワーク環境下でも、仲間作りができる “場”を“つくる”「バヅクリ」を提供することで、企業内の社員同士をつなげると同時に、個々の日常を“ワクワク”させ、“個々を融合”、部門横断や世代間のギャップも埋め、仲間意識を高め合い、本質的な仲間作りができる環境基盤の“場”を“つくり”ます。

さらに、「バヅクリ」で、企業社員がお互いの業務内容や、個々の“居場所・役割”を分かり合い、仲間意識を高めることで、テレワーク含め様々な仕事環境下での社員の“孤独感”をなくし、精神的な健康の維持・増進を図り、企業全体の“健康”状態を維持するためのサービスになるよう目指します。

“仲間作り”「バヅクリ」が企業力をさらに強め、企業内でイノベーションがうまれ、ひいては、社会全体を活気づけるサービスになるよう努めます。

今後、「バヅクリ」事業に注力し、心理学と組織学に基づいたオンラインワークショップで創り出した諸サービスの改良・改善を重ね、顧客社員の心理的安全性・安定性の確保をするとともに、事業活動と業務に対するモチベーションや、組織のエンゲージメントを改善、社会に貢献したいと考えています。

これら想いから、この度、サービス名と統一し、「バヅクリ」に商号を変更しました。

商号変更の概要は、以下をご参照ください。

新商号 商号変更の概要
・旧商号(英文表記): プレイライフ株式会社(PLAYLIFE INC.)
・新商号(英文表記): バヅクリ株式会社(BUZZKURI INC.)

・変更日: 2022年2月1日

会社概要
● 商号: バヅクリ株式会社
● 住所: 〒107-0062 東京都港区南青山3-3-3 リビエラ南青山ビルA WORKING PARK EN201室
● 設立: 2013年6月3日
● 代表者: 代表取締役 佐藤 太一
● 事業内容:
 ・仲間作りや関係構築、行動変容のための社内イベントと研修のオンラインサービス「バヅクリ」
 ・アソビメディア「PLAYLIFE」運営
 ・ホテル/旅館のコトづくり「コトプロ」運営
 ・アソビコミュニティ「遊部」運営
● URL: https://buzzkuri.co.jp/

■ 「バヅクリ」について
「バヅクリ」は企業や組織・団体内の“仲間づくり”を主軸に、テレワークに必要なスキルと部署内/チームの絆を育て、「チームビルディング」を強化する要素を含めたリモート研修/人間関係構築プログラムです。「バヅクリ」では内定者・社員・転職者など社内のつながり・コミュニケーションの促進を図るため、リモート上での内定者懇親会や、転職者のオンボーディングプランなどを提供しています。「バヅクリ」により、企業への帰属意識が向上し、離職率低下と生産性の向上が実現されています。また、従来の内定者向けの懇親会や研修などの交流会には交通費、会場費など費用が多額となることから、「バヅクリ」を採用することで90%以上の費用削減効果を見込むこともできます。

「バヅクリ」は、オンライン上で、お絵描き、プレゼン、寸劇、マインドフルネスなどのプログラムをとおし、交流を深める内容となっています。幅広い組織や個人が利用する「バヅクリ」には、コミュニケーション、クイズ、寿司、図工、プレゼン、筋トレ、マインドフルネスなど合計100以上、40人以上の“プロ”から学びながら、参加者同士が交流できるオンライン・プログラムがあります。これらプログラムにより、企業スタッフ間の深い交流をフォローするなど、企業の福利厚生プログラムとして人気が高まっています。

「バヅクリ」は従来の講師が一方的に伝える人材研修とは異なり、プロの講師のファシリテーションのもと、社内スタッフ同士が本音で語りあえる関係構築を目指すもので、「オンラインでの交流を通じた深い相互理解と学びを築くこと」を主な目的とした人間関係構築のサービスです。

全国に分散する企業や組織スタッフの労働環境に関する「職場の本音」情報を収集しやすい環境を作るために、労働組合での採用も進んでいます。また、多くの企業で在宅勤務が推奨されていることから、社内イベントでも「バヅクリ」の利用が多くなっています。「バヅクリ」は、好みの体験活動に何回でも参加することができ、これまで300社以上、延べ1万5千人が体験しています。(https://buzzkuri.com/

・バヅクリ参考動画: https://youtu.be/w8LfR0oCot8
・バヅクリHR研究所: https://hr-lab.buzzkuri.com/
・バヅクリ体験会: https://hr.buzzkuri.com/trial-top
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. バヅクリ株式会社 >
  3. Z世代向けの社内イベント・研修DXサービス「バヅクリ」と商号統一