長野県茅野市ホームページに「ユニバーサルデザインフォント」を導入しました

文字をより読みやすく、伝わりやすくするユニバーサルデザインフォントをホームページに導入しました。

  • 目的

長野県茅野(ちの)市では、相手に「伝わる」広報に取り組んでいます。このうち、ホームページでは多くの人たちがわかりやすく、読みやすいページを目指して、書体にユニバーサルデザインフォントを導入しました。
ユニバーサルデザインフォントは、「文字の形そのものが分かりやすい」「文章が読みやすい」「読み間違えにくい」という特徴があります。
  • 導入したユニバーサルデザインフォント
書体:「UD新ゴ」
「UD新ゴ」は、目になじみのある文字であるだけでなく、読み間違えが減り、さまざまな画面の大きさでもわかりやすい書体です。このため、ホームページの閲覧が増えているスマートフォンやタブレット端末などの小さな画面でも、文字がはっきりとし、見やすく、読みやすくなりました。
  • 導入開始日
令和4年5月1日(日)
  • フォント比較

今回導入したユニバーサルデザインフォント「UD新ゴ」今回導入したユニバーサルデザインフォント「UD新ゴ」

従前のフォント従前のフォント

 
  • その他
市広報紙「広報ちの」は令和3年度から、一部でユニバーサルデザインフォントを利用しています。
  • 茅野市ホームページ
https://www.city.chino.lg.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 茅野市 >
  3. 長野県茅野市ホームページに「ユニバーサルデザインフォント」を導入しました