解体工事仮囲いへのアート展示について

琉球銀行(頭取 川上 康)は、旧本店ビルの解体工事の実施にあたり、障がい者のアート作品を広く県民に発信する機会をつくり、障がい者の社会参加を促進することを目的として、解体工事の仮囲い(工事防護板)に、「全日本仮囲いアートミュージアム」(企画:株式会社ヘラルボニー 代表取締役社長 松田 崇弥)をオープンいたしました。
今回の展示は、県内2例目となる試みで、社会福祉法人若竹福祉会よりアート作品のご提供をいただいております。心温まるアート作品を是非ご覧下さい。
1.展示期間: 2021年1月15日~2021年10月29日(解体工事終了まで)
2.展示場所: 琉球銀行 旧本店 正面玄関側 仮囲い
                   (那覇市久茂地1丁目11番1号)
3.展示作品: わかたけアート10点


                     
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 琉球銀行 >
  3. 解体工事仮囲いへのアート展示について