AIでコミュニケーションできる自販機の実証実験期間を延長します。

あわせてユーザー参加型キャンペーン「♯パンダさくら自販機ジャック」を10/20より開催

・株式会社 JR 東日本クロスステーション ウォータービジネスカンパニー(所在地:東京都品川区、カンパニー長:竹内 健治)は、2021年5月11日より都内5駅10か所にて展開している「AI多機能自販機」について、実証実験期間を当初の2021年10月末から2022年1月末までに延長することとなりました。
・また、2021年8月18日(水)~8月24日(火)の期間で募集したAIさくらさん人気投票の結果、1位となった「パンダさくら」が、2021 年 10 月 20 日(水)より自販機をジャックします。またAI自販機で飲料を購入すると1本無料クーポンがもらえる「♯パンダさくら自販機ジャック」キャンペーンを同日より実施します。
・アキュアでは、AIなど先端技術を自販機に導入することで、自販機の新たな可能性を追求し続けていきます。
■これまでの取り組みについて
①2021年5月11日(火)~
自販機正面に 15 インチのタッチパネル式のモニターを搭載、「AI さくらさん」のバーチャルアニメーションを表示します。お客さまが操作するタッチパネルは非接触でも操作が可能な他、口頭での質問に対して AI を活用して様々な案内を行います。商品ランキングやじゃんけんなどのAIさくらさんゲーム、多言語での案内機能などを搭載し、AI を活用したお客さまサービスの有効性の検証をしてまいりました。
②2021年9月22日(水)~
5月より開始した実験の検証から飲料購入者に、最も活用されている機能が「AI さくらさんゲーム」、次いで「あなたへのおすすめ」だとわかりました。そこで新たに、「顔認識システムを備えたカメラ※による AI の分析」と「画面に表示される“今の気分“の選択」から、お客さまへおすすめのドリンクを診断する機能を新たに搭載しました。
※カメラにて取得した画像情報は個人に特定できないデータに即時変換し、個人を特定するデータは即時破棄され、保持しません。

■「AI多機能自販機」実証実験の期間延長について
●延長期間
当初2021年10月末までとしていた実証実験期間を、一部コンテンツの変更・見直しを行ったうえで、2022年1月末までに延長します。
●延長の背景
2021年10月より緊急事態宣言が明け、今後よりエキナカでお客さまに自動販売機をご利用いただく機会が増えると予想しています。特に、搭載している機能の特性上、家族連れや複数でのコンテンツ利用を見込んでいることから、実証実験期間を延長し、年末年始を含めより多くのお客さまに「AI多機能自販機」を利用いただき、コミュニケーション機能と購買行動の結びつきをより精度を高めて検証したいと考えています。

■「♯パンダさくら自販機ジャック」キャンペーンについて
●キャンペーン期間
2021年10月20日(水)~11月2日(火)
●内容
さくらさん公式Twitterアカウント( @sakurasan_ai )をフォローの上、AI多機能自販機で買ったドリンクとモニターの購入後画面を撮影し、ハッシュタグ「#パンダさくら自販機ジャック」を付けてTwitterに投稿することで応募完了となります。
●景品
投稿した方に「アキュアパス」で使えるドリンク無料クーポン券(青森りんご ふじ)をプレゼントします。
※先着1,000名様となります

◇「パンダさくら」とは
2021年8月18日(水)~8月24日(火)の期間で募集したAIさくらさん人気投票の結果、1位となったのが上野駅のAI多機能自販機で活躍する「パンダさくら」です。
◇ キャンペーン概要
投票で1位となった「パンダさくら」が突如暴走し、上野駅以外のAI多機能自販機もジャックしようと計画を立てている様子。どうやら購入したドリンクと購入後画面を投稿し、一定数に達するとジャックを解放できるようだ!
各駅のさくらさんが元の姿に戻れるよう、皆さんの力をお貸しください!

                                 ※画像はサンプルです

<参 考>
AI多機能自販機について
お客さまとの双方向コミュニケーション機能を強化した自販機で、2021年5月より都内5駅計10台にて実証実験を開始しました。設置されているモニターの下部にはセンサーが搭載され、非接触での画面操作が可能です。ユーザーインターフェースは、株式会社ティファナ・ドットコム(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:藤井亮)が提供する AI ソリューション「AI さくらさん」を活用。お客さまと会話での対応を実現しました。また、顔認識機能を用いた飲料のおすすめや自販機設置駅の駅員おすすめ商品ランキング、夏場には熱中症警戒アラートや水分補給の呼びかけなどをモニター上に表示し、自動販売機の可能性の幅を拡げています。

<設置箇所> ※2021年10月19日現在
◆新宿駅
2 階南口コンコース(改札内)
1 階中央コンコース(改札内)
◆上野駅
3 階コンコース 11-12H 階段付近(改札内)
中 2 階コンコース(改札内)
◆東京駅
地下 1 階コンコース スクエアゼロ付近(改札内)
1 階丸の内南口改札付近 KIOSK 前(改札内)
◆品川駅
2 階北口コンコース 北改札付近(改札内)
2 階中央コンコース 1-2H 階段付近(改札内)
◆秋葉原駅
1 階中央コンコース 3-4H エスカレーター付近(改札内)
1 階中央改札出口付近(改札外)
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. JR-Cross >
  3. AIでコミュニケーションできる自販機の実証実験期間を延長します。