メガネのオンデーズ 仮想通貨「ビットコイン」決済を導入

インバウンドのお客様の利便性向上を図る

株式会社オンデーズ(本社:東京都港区 社長:田中修治)は、今月9日より仮想通貨「ビットコイン」決済の導入を開始致しました。
【ビットコイン決済の導入】
株式会社オンデーズ(本社:東京都港区 社長:田中修治)は、今月、2017年8月9日より仮想通貨「ビットコイン」決済の導入を開始致しました。導入店舗はインバウンド(訪日外国人)の来店が多い、池袋西口店、秋葉原ラジオ会館店、なんばウォーク店、那覇国際通り店の4店舗となっております。「ビットコイン」とは、紙幣や硬貨のような実物が存在しない仮想通貨であり、使用可能な機器があれば、インターネット内での買い物や普段の買い物で、通常の決済と同じように支払いをすることが可能となっております。
 


【世界的に通用する決済サービス】
オンデーズは、現在世界10か国に展開しており、海外からのファンも多く、旅行客の方にもご来店いただいております。中でも秋葉原ラジオ会館店では、「ビットコイン」決済の利用が高まっている中華圏からの旅行客がお客様の5割を占めております。世界各国で仮想通貨が普及している中で、日本国内外での通貨に限らず決済が可能であり、手数料も格安な「ビットコイン」は、決済手段の幅を広げ、お客様の利便性向上のにつながると思い、導入を決断致しました。
 


【今後の取り組み】
オンデーズ新宿マルイアネックス店では、株式会社マルイグループ(本社:東京都中野区 代表:青井浩)が国内最大のビットコイン・ブロックチェーン企業である株式会社bitFlyer(本社:東京都港区、代表:加納裕三)が提供するアプリ「bitFlyer ウォレット」による、仮想通貨「ビットコイン」決済サービスの試験導入にあたり、今年2017年10月31日まで利用が可能となります。また今年2017年9月から、オンデーズオンラインストアでも「ビットコイン」決済の試験導入を開始する予定です。


[株式会社オンデーズ]
株式会社オンデーズは、日本全国の他、シンガポール、台湾など海外10カ国に220店舗を展開しているメガネ販売チェーン店です。日本のみならず世界的なメガネのファストファッションブランドとして日本から世界の市場へと新しい需要の開拓とサービスの提供を積極的に挑戦し続け、「オンデーズに関わる全ての人を豊かにするために…」の信条を掲げ世界中の人たちから必要とされるオンリーワンの企業を目指しています。
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社オンデーズ >
  3. メガネのオンデーズ 仮想通貨「ビットコイン」決済を導入