米国Audioengine社A2+ワイヤレス及びS8パワードサブウーファー発売開始のご案内

WIRED, Sound & Vision, Gizmodo, The Absolute Sound, PC Mag他多数の米国の主要メディアから数々の受賞歴のあるAudioengineが送る最新製品

株式会社コペックジャパン(本社:東京都渋谷区)は、2019年5月17日(金)より米国Audioengine社
Bluetooth aptXコーデック対応A2+ワイヤレス・パワードスピーカー及び最大250W出力のClass Dアンプ/8インチドライバーを搭載するS8パワードサブウーファーの販売を開始致します。

【A2+ワイヤレス・パワードスピーカー】
アメリカで最も有名なコンパクトデスクトップスピーカーのA2+が遂にワイヤレスに対応。 A2+ワイヤレススピーカーシステムを使えば、お気に入りの音楽をクリアなフルステレオサウンドで簡単に楽しむ事ができます。 デスクトップでも部屋の好きな場所でも問題ありません。 Bluetooth aptXコーデック対応で超コンパクトなサイズからは考えられないハイクオリティ・サウンドをお楽しみいただけます。
 

 

【スーパーコンパクトなのに最大のパフォーマンス】
とても小さいからと言って侮ることは全く出来ません。 想像を遥かに越えるサウンドがA2+ワイヤレスにはあります。 クリアで力強い理想のサウンドでデスクトップでも部屋のお好みの場所でも楽しむことが出来ます。 A2+ワイヤレススピーカーは特別設計のコンポーネントを多数使用しています。 アラミドファイバー製ウーファー、シルクツイーター、aptX, 正確にチューニングされたパワーアンプ、手作業によるウッドキャビネットなど。 クリアで力強いサウンドをどこでも楽しむことが出来ます。
 


【受賞歴多数のデスクトップシステム】
カスタムメイドされた高価な少量生産品と大量生産品でありながら期待した品質でなく、しかも安価ではない製品との大きなギャップにオーディオファンはいつも悩まされています。 A2+ワイヤレスは、品質と性能、さらに価格の全てのバランスをオーディオファンに満足してもらうべくデザインされ、手作業による組み立てが行われています。 A2+ワイヤレスの低域はデジタルシグナル・プロセッサーや低域をブーストする回路を使用することで奏でられるものではありません。 アコースティックと通電関係の秀逸なデザインによって生み出されています。 A2+ワイヤレスは特にコンピューター用オーディオシステムとして新しいスタンダードを作ったと言っても過言ではありません。 この小ささでお使いのパソコンやスマートフォンのサウンドを大きくアップグレードすることが出来ます。

【 誰にでも出来る簡単なセットアップ】
シンプルで分かりやすく、簡単な使用方法 A2+ワイヤレスコンピュータースピーカーはお使いのコンピューター、タブレット、スマートフォン、ターンテーブルなどに簡単に接続出来ます。 特別なネットワークやパスワードの設定は一切不要。 超簡単な設定を終えればあとはお好みの音楽を楽しむだけです。 しかも音質は超コンパクトでありながら、驚くべきサウンドクオリティです。
 


【S8 パワードサブウーファー】
S8サブウーファーは驚くべき低域のパフォーマンスを実現しました。低く、タイトでありながらスムースな低域が特徴です。最大250W出力のClass Dアンプ及び8インチのドライバーを搭載しています。 受賞歴多数のAudioengineが送る理想のサブウーファーが遂に完成しました。
 

【8インチ専用設計ウーファー搭載で低く、タイトでスムースな低域】
S8サブウーファーは最大250W出力のClass Dアンプ及び8インチのドライバーを搭載し、オーディオやホームシアターのためにレスポンスの良いウーファーとなるようデザインされています。 反響を抑えるスティール製のフレームと振動を防ぐエラストマー製の脚が正確な低域を奏でます。 ダウンファイアリング及びフロント・ポートデザインにより、クイックで正確、しかも歪みのない低域を大音量でもお楽しみいただけます。 言い換えれば、タイトでスムース、しかも自然なサウンドを思う存分、お楽しみいただけるサブウーファーがS8です。
 

【超簡単なセットアップ】
シンプルで分かりやすく、簡単に使用開始が出来ます。 背面パネルにはデュアル・オーディオ入力(RCA及びミニジャック)を搭載しているため、お使いの機器を簡単に接続できます。 また、オート・スリープ省電力モード搭載で、音楽を再生していないときには自動的にOFFになります。

 

【Audioengine・A2+ ワイヤレス・パワードスピーカー仕様】
タイプ:2.0パワーアンプ内蔵(アクティブ)マルチメディア・デスクトップスピーカーシステム
アンプタイプ:デュアル・クラスABモノリシック
出力:最大出力トータル60W(15W RMS / 30W 1チャネル最大出力),AES
ドライバー:2.75inch アラミドファイバー製ウーファー、3/4inch シルクドーム・ツイーター
入力:3.5mmステレオミニジャック、RCA、USB、Bluetooth
出力:RCAラインアウト SNR:>95dB(type A-weighted)
THD+N:< 0.05% クロストーク:-50dB
再生周波数帯域:65Hz-22kHz (±2.0dB)
入力インピーダンス:5K Ω
Bluetoothレシーバータイプ:Bluetooth 5.0
対応コーデック:aptX low latency, aptX, AAC, SBC
ワイヤレスレンジ:最大30m
USBクラス:Type 1.1以上
プロテクション:出力電流のリミット設定、オーバーヒート保護設定、過度電流からの保護
サイズ:15cm(H) x 10cm(W) x 13cm(D)
重量:(L側スピーカー)1.6kg 、(R側スピーカー)1.4kg
カラー:サテン・ブラックペイント、ハイグロス・ホワイトペイント、ハイグロス・レッドペイント
同梱アクセサリー:スピーカーケーブル(16AWG), 2m 、電源アダプタ、電源ケーブル、ミニジャックオーディオケーブル, 1.5m 、USBケーブル, 1.5m、マイクロファイバー製スピーカー用バッグ、マイクロファイバー製電源アダプタ用バッグ、マイクロファイバー製ケーブル用バッグ、クイックスタートガイド
価格:32,940円(税込)

 

【Audioengine・S8 パワードサブウーファー仕様】
タイプ:パワード・サブウーファー
アンプタイプ:Class D 出力:250W ピークパワー (125W RMS), AES
ドライバー:8インチ/ダウンファイアリング・ウーファー
ポート:シングル、フロント
入力:3.5mmミニジャック及びRCA L/R
SNR:>95dB(type A-weighted)
THD+N:< 0.05%
再生周波数帯域:27Hz-180Hz (+/-1.5dB)
入力インピーダンス:10K Ωアンバランス
入力ボルテージ:100-240V AC, 50/60Hzオートスイッチング
クロスオーバー・フリークエンシー:50Hz – 130Hz
フェイズ(位相):0 / 180 度
スタンバイ消費電力:1W
プロテクション:出力電流のリミット設定、オーバーヒート保護設定、過度電流からの保護
サイズ:28.6cm x 28.6cm x 28.6cm
重量:13.6kg
カラー:サテン・ブラックペイント、ハイグロス・ホワイトペイント
同梱アクセサリー:取り外し式電源ケーブル、ミニジャックオーディオケーブル 2m、RCAオーディオケーブル2m、マイクロファイバー製サブウーファー用バッグ、マイクロファイバー製ケーブル用バッグ、クイックスタートガイド
価格:43,880円(税込)

直販サイト:https://superkopek.stores.jp/
ウェブサイト:https://kopek.jp/products_category/audioengine/
instagram:https://www.instagram.com/kopekjp/
facebook:https://www.facebook.com/kopekjapan/

※商品仕様および外観はリリース時のものであり、予告なく変更する可能性があります。 
 
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社コペックジャパン >
  3. 米国Audioengine社A2+ワイヤレス及びS8パワードサブウーファー発売開始のご案内