第5回「日本ベンチャー大賞」において「経済産業大臣賞」を受賞

ラクスル株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長CEO:松本恭攝)は、経済産業省等が主催する第5回「日本ベンチャー大賞」において「経済産業大臣賞(ベンチャー企業・大企業等連携賞)」をヤマトホールディングス株式会社と共に受賞しました。

 

首相官邸で行われた表彰式の様子首相官邸で行われた表彰式の様子

当社はテクノロジーを活用し、産業構造を変革させることで、より良い社会の実現を目指しています。本受賞では、物流業界における、荷主企業と物流事業者の双方が抱える課題を同時に解決する物流プラットフォーム「ハコベルコネクト」開発にあたっての両社の取り組みを高く評価いただきました。今後も物流業界の課題解決に取り組み、業界の発展に寄与していきます。


■「日本ベンチャー大賞」とは
挑戦を称える社会意識の醸成のため、若者などのロールモデルとなるような、インパクトのある新事業を創出した起業家やベンチャー企業を表彰する制度です。起業を志す人々や社会に対し、積極的に挑戦することの重要性や起業家一般の社会的な評価を浸透させ、社会全体の起業に対する意識の高揚を図ることを目的としています。
 



 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ラクスル株式会社 >
  3. 第5回「日本ベンチャー大賞」において「経済産業大臣賞」を受賞