「Peing-質問箱-」、DAUが100万人を突破し、買収前含め過去最高値を記録

株式会社ジラフ(本社:東京都中野区、代表取締役社長:麻生輝明)が運営する匿名質問サービス「Peing-質問箱-」(以下、質問箱)において、2018年11月6日のDAU(1日あたりのアクティブユーザー数)が買収前の最高値を超え、100万人を突破しました。

質問箱の累計アカウント開設数は400万アカウントに到達しており、国内最大級のネットサービスへと伸長しています。

約1年間(2017/11/28〜2018/11/6)のDAU推移グラフ
※DDoS攻撃とは悪意のある第三者によるサイバー攻撃です。2018年10月末の数日間にわたり、外部から大量のアクセスを受けたため、サービスの提供をストップすることになりました。現状は問題なく利用が可能です。

◆サービスの概要
「Peing-質問箱-」はTwitterやInstagram、weibo等のSNS上で利用できる匿名型の質問回答サービスです。その特性上、個人利用だけでなく、芸能人や政治家のオフィシャルアカウントや企業アカウントまで幅広く利用されています。
2017年11月に日本でサービスをリリースして間もなく、月間300万*以上が利用する巨大サービスへと急成長を遂げ、2018年9月時点で月間利用数は3,500万*を突破しました。
海外展開においては、サイトの多言語化、ならびにマレーシアや台湾でのプロモーション活動、weiboとの連携を行いました。海外での利用者数増加は、全体の月間利用者数の成長にも大きく貢献しています。
*訳注:数値はセッション数を元にし、小数点以下は切り捨て
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ジラフ >
  3. 「Peing-質問箱-」、DAUが100万人を突破し、買収前含め過去最高値を記録