福岡ソフトバンクホークス様の新商業施設「BOSS E・ZO FUKUOKA」内放送スタジオのネーミングライツ契約を締結

STUDIO E・ZO Supported by Sony Business Solutions

ソニービジネスソリューション株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:古田了嗣、以下、ソニービジネスソリューション)は、福岡ソフトバンクホークス株式会社様(本社:福岡市中央区、代表取締役社⻑:後藤芳光、以下、ソフトバンクホークス様)の新商業施設「BOSS E・ZO FUKUOKA(ボス イーゾ フクオカ)」(所在地:福岡市中央区)内の放送スタジオ「STUDIO E・ZO(スタジオ イーゾ)」のネーミングライツ契約を締結しました。スタジオ名称は「STUDIO E・ZO Supported by Sony Business Solutions(スタジオ イーゾ サポーテッドバイ ソニービジネスソリューション)」となります。
お知らせページはこちら
https://www.sonybsc.com/news/2020/20200612.html

スタジオロゴスタジオロゴ

スタジオの様子スタジオの様子

「STUDIO E・ZO」は、ソフトバンクホークス様が掲げる「FUKUOKA超・ボールパーク宣言」の一環として球場前に開業する「BOSS E・ZO FUKUOKA」内に設置されます。スタジオではCS放送用などのホークス戦ダイジェスト番組や応援番組の収録を行い、球場での野球観戦にとどまらない複合エンターテインメント発信の場として運用される予定です。

ソニービジネスソリューションはこれまでも全国のスタジアムに、映像・音響システムを納入しており、今回の「STUDIO E・ZO」のシステム構築を担当しています。今後も、スタジアムエンターテインメントの発展をハード、ソフトの両面からサポートしていきます。
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ソニービジネスソリューション株式会社 >
  3. 福岡ソフトバンクホークス様の新商業施設「BOSS E・ZO FUKUOKA」内放送スタジオのネーミングライツ契約を締結