新しいカテゴリーの宿泊特化型アッパーミドルホテル「京王プレリアホテル」を展開します!

京都は2018年秋・札幌は2019年夏 開業予定

 京王電鉄株式会社(本社:東京都多摩市、社長:紅村 康)では、都市型総合シティホテルの京王プラザホテルと、ビジネス利用等をターゲットに、コストパフォーマンスに優れた京王プレッソインに続き、新しいカテゴリーの宿泊特化型アッパーミドルホテル「京王プレリアホテル」を展開します。
 「京王プレリアホテル」は、日本人の観光・レジャーのお客様をメインターゲットとしながらも、増加する訪日外国人の観光・レジャーのお客様やビジネス目的のお客様まで、幅広いニーズにお応えするホテルです。
客室は、観光・レジャーのお客様のご要望が多いツインルームを主体として、ダブルルーム・トリプルルームなど幅広いお客様のニーズにお応えする構成とします。
 京都は、日本の伝統文化の残る、国内有数の観光地であること、札幌は、訪日外国人の数が、東京、大阪に次ぐ第3位である北海道の中核都市であることから、出店候補地として検討してきました。このたび、「京王プレリアホテル」の1号店として京都に2018年秋の開業を目指し、2号店として札幌で2019年夏の開業を目指し、事業に着手しました
 事業着手にあわせ、京都「京王京都ホテル開業準備室」を開設しました。2017年5月には、地元に根ざした運営を目指し京都でのホテル運営を行う新会社「株式会社京王プレリアホテル京都」を設立予定です。また、2号店となる札幌の運営は既存の株式会社京王プラザホテル札幌が行う予定です。
 京王グループでは、成長が見込まれるホテル事業をより強化・推進することにより、収益基盤の拡大を図っていきます。
 詳細は下記のとおりです。

≪京王プレリアホテル外観イメージ 京都10階建≫≪京王プレリアホテル外観イメージ 京都10階建≫

≪京王プレリアホテル外観イメージ 札幌17階建≫≪京王プレリアホテル外観イメージ 札幌17階建≫



                         記
1.京王プレリアホテルの概要について
(1)特 徴
①客 室
インテリアは、空間の広がりを最大限に感じさせる上質なデザインを採用します。また、ビジネスのお客様にも利用しやすい客室とします。
②サービス
観光やビジネスに欠かせない周辺案内に加え、外国人のお客様を想定した各種情報提供など、ロビーサービス機能の充実を図ります。
③付帯施設
クオリティの高い朝食を提供するレストランのほか、宿泊者からのニーズの高い大浴場を立地に応じて設ける予定です。
(2)客室規模
300室程度
(3)主要客室面積
18~26㎡程度

ホテル名とロゴマークについて
ホテル名にあるプレリアは、「前奏曲」の意味をもつ「prelude」に由来しています。また、「pre-」には「上位の、優れた」という意味もあります。旅という楽曲を、上質なホスピタリティで盛り上げる前奏曲でありたい。旅の感動の一場面として、心に刻まれるホテルでありたいとの願いをこの名前に込めました。


シンボルマークは、ホテル名称の由来である「prelude」 から、心地よい音色の流れを図案化したものです。3本の波線は 「旅」「人」「ホテル」を象徴し、これらが一体化することで、上質な旅が生まれることをメッセージとしています。
 
.ホテル運営会社について
(1)商号:株式会社京王プレリアホテル京都
(2)本店所在地:京都府京都市下京区烏丸通松原下る五条烏丸町396番(京王プレリアホテル建設地)
(3)目   的:京都エリアにおける京王プレリアホテルの運営
(4)設   立:2017年5月(予定)
(5)資 本 金:100百万円(京王電鉄100%出資)
(6)そ の 他:2017年4月16日 京都府京都市下京区諏訪町通松原下る弁財天町325番に「京王京都ホテル開業準備室」を開設しました。
※2号店となる札幌については、株式会社京王プラザホテル札幌が運営する予定

1号店(京都)と2号店(札幌)の概要について


                                                以 上

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 京王電鉄株式会社 >
  3. 新しいカテゴリーの宿泊特化型アッパーミドルホテル「京王プレリアホテル」を展開します!