100社のベンチャーが集まる商談イベント「TECH BEAT Shizuoka 2020」に参加いたします

日本語の文章を解析するAI(=自然言語処理技術)を用いて、企業のDXや組織変革に貢献するSaaSを提供しているストックマーク株式会社(東京都港区:代表取締役CEO 林 達、以下ストックマーク)は、7月15日から2日間に渡って開催される、首都圏を中心としたスタートアップ企業と静岡県内企業とのビジネスマッチング創出の場「TECH BEAT Shizuoka 2020」に参加いたします。

「TECH BEAT Shizuoka 2020」について
7月15日(水)、16日(木)にオンライン開催され、トップレベルのICT人材を静岡県内に呼び込み、静岡県内企業が抱える課題の解決や新ビジネスを生み出すことを目的としています。実行委員会は静岡県知事、静岡銀行代表取締役会長らで組織され、約100社のスタートアップ企業が参加見込みです。昨年は、2日間で400件超の個別商談が行われました。
新型コロナウイルス対策で世界的に注目された台湾IT大臣オードリー・タン氏の基調講演やオイシックス・ラ・大地(株)髙島社長と(株)静岡銀行中西会長との対談、各界を代表するリーダーの特別セッション、スタートアップ企業のプレゼンテーションなども予定される豪華プログラムです。

ストックマークは、最先端の自然言語処理技術で社内外のテキストデータを解析し、これまで1500社を超える法人のお客様のデジタルトランスフォーメーション(DX)や、社内のデジタルリテラシー向上の取り組みをご支援しています。
TECH BEATを通じて静岡の企業のDXや新たな産業創出を加速させ、地域を中心とするニューノーマル時代の新しいエコシステムの形成をご支援して参ります。

【 ストックマーク株式会社 会社概要 】
ストックマークは、東京大学大学院情報理工学研究科におけるテキストマイニング・ディープラーニングの研究をベースに、2015年4月にスタートした東大発ベンチャーです。
最先端の自然言語処理技術を用いた、ニュース及びナレッジ共有プラットフォーム「Anews」、大量のテキストデータから経営の戦略的意思決定を強力にサポートする「Astrategy」、資料のテキストと画像を解析し欲しい資料を瞬時にレコメンドする「Asales」を提供しています。

会社名 :ストックマーク株式会社
所在地 :東京都港区南青山一丁目12番3号  LIFORK MINAMI AOYAMA S209
設立 :2016年11月15日
代表者 :代表取締役CEO 林 達
事業内容:テキストマイニング×AI技術を活用したビジネス意思決定サポートサービスの開発・運営
URL: https://stockmark.co.jp/
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ストックマーク >
  3. 100社のベンチャーが集まる商談イベント「TECH BEAT Shizuoka 2020」に参加いたします