AIG損保が認定NPO法人 世界のこどもにワクチンを 日本委員会にワクチンに換算すると約45,000人分を寄付

AIG損害保険株式会社(以下「AIG損保」)は、認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを 日本委員会(Japan Committee, Vaccines for the World’s Children:以下JCV)に、ワクチンに換算すると約45,000人分を寄付しました。

右から、JCV理事長 剱持 睦子 氏、AIG損保執行役員 渡辺 治子右から、JCV理事長 剱持 睦子 氏、AIG損保執行役員 渡辺 治子


 AIG損保は、お客さまへの感謝の気持ちをワクチンに代えて世界の子どもたちに贈る支援活動を2007年より実施しています。JCVを通じて、当社の医療総合保険『みんなの健保』の新規契約件数に応じた寄付を行っており、今回は2018年分となります。これまでに、累計で約78万人分相当のワクチンを世界の子どもたちにお届けしました。

11月28日に開催された感謝状の贈呈式に出席した執行役員の渡辺 治子は、「当活動へのお客さまの理解のもと、AIG損保が提供する医療保険を通じて、このような支援ができることを誇りに思っています。これからも、リスクを未然に防ぐ支援を行う“ACTIVE CARE”という事業戦略コンセプトのもと、未来ある子どもたちのリスクを軽減するための支援を続けてまいります。」と述べました。

<認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを 日本委員会の活動について>
開発途上国へのワクチン及びワクチン接種関連機器の支援と、感染症予防のための啓発活動を行っている民間の国際支援団体です。多くの開発途上国では、ワクチン接種を受けられない子どもが感染症で命を落としています。詳細についてはJCVのホームページ(https://www.jcv-jp.org)をご覧ください。

<AIGについて>
AIG グループは、世界の保険業界のリーダーであり、80 以上の国や地域でお客さまにサービスを提供しています。創業以来の100年の経験に基づき、現在では、損害保険、生命保険、退職給付およびその他の金融サービスを幅広く提供しています。AIGグループの商品・サービスを通じた多岐にわたるサポートは、法人および個人のお客さまの資産を守り、リスクマネジメントおよび確かなリタイヤメント・セキュリティをお届けします。持株会社 AIG, Inc.はニューヨーク証券取引所に上場しています。
日本では、AIG損害保険株式会社、アメリカンホーム医療・損害保険株式会社、ジェイアイ傷害火災保険株式会社、AIGパートナーズ株式会社、テックマークジャパン株式会社などが事業を展開しています。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. AIG損害保険株式会社 >
  3. AIG損保が認定NPO法人 世界のこどもにワクチンを 日本委員会にワクチンに換算すると約45,000人分を寄付