ピース・又吉直樹さんを起用 さとふるの新テレビCM「贈る人・又吉直樹」篇を7月1日より放映

ソフトバンクグループの株式会社さとふる(本社:東京都中央区、代表取締役社長:藤井 宏明)は、お笑い芸人のピース・又吉直樹さんを起用したふるさと納税ポータルサイト「さとふる」(https://www.satofull.jp/)の新テレビCM「贈る人・又吉直樹(花束)」篇(15秒)を、2018年7月1日より放映します。
■イメージ

■ストーリーの概要
自宅でスマートフォンを見入るピース・又吉さんは、「めっちゃええやん、これ。」とつぶやきながらふるさと納税ポータルサイト「さとふる」を真剣に眺めています。ふと手を止めて「オカンにはこれ。」と決めたのは、バラの花束のお礼品で、又吉さんが母親宛ての贈り物を探していたことが分かります。母親に想いを馳せ、微笑む又吉さんの様子が心温まる内容となっています。
又吉さんが母親のために選ぶお礼品はこのほかに「アロハシャツ」(「贈る人・又吉直樹(アロハ)」篇)、「いくら」(「贈る人・又吉直樹(いくら)」篇)の2パターンがあり、いずれも又吉さん独特の空気感が印象的なCMとなっています。

なお、テレビでの放映に先立ち、6月28日よりこちら(https://youtu.be/iqndpZpIkFo)でCM動画をご覧いただけます。

■ストーリーボード

■撮影エピソード
母親に贈る、ふるさと納税のお礼品を真剣な顔で選ぶ又吉さん。「実際に母親に贈りたいお礼品は?」と聞かれると「魚介類が喜びそうかな」とコメント。
また、撮影中に「さとふる」で様々なご当地カレーがお礼品として登録されていると知ったカレーが好きな又吉さんは、興味津々で「さとふる」を閲覧していました。
役者としても活躍されている又吉さん、ふるさと納税を活用して贈り物をする楽しさを伝えようと表情や雰囲気を工夫して真摯に取り組まれていました。

■ピース・又吉さんのコメント
僕の執筆部屋に近い雰囲気の撮影セットだったのでリラックスして撮影にのぞむことができました。また、今回の撮影を通して、ふるさと納税に少し興味を持ちました。僕もふるさと納税を行うなら地元の大阪に寄付をしたいと思います。頼むものは、好きなカレーなども良いかもしれないですね。

■スタッフリスト
広告会社:株式会社電通
制作会社:太陽企画株式会社
CD:高柳謙介
PL:大石雄士
CW:廣瀬大
AE:隅田深、古田義和、光武孝明、箭内莉恵
CP:宮崎剛
Pr:小野崎毅、片桐広基
PM:大石基紀、古川泰至
演出:森田淳子(THE DIRECTORS GUILD)
撮影:志田貴之
照明:斉藤徹
美術:中村裕(ZOLO)
オフラインエディター:渡辺英佑(WHITE)
オンラインエディター:上之郷朋彦(McRay)
ミキサー:倉田昌治
音楽プロデューサー:山田勝也(愛印)
作曲:トクマルシューゴ
ナレーター:ユウ(チリヌルヲワカ)
ST:安倍武弘
HM:足達光世(Style45)
出演:又吉直樹(よしもと)
キャスティング:稲垣綾(電通キャスティングアンドエンタテイメント)

※「贈る人・又吉直樹」篇には複数のパターンがあり、「ストーリーボード」に記載している内容と若干異なるものがあります。

● SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
● この報道発表資料に記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。
●この報道発表資料に記載されている内容、製品、仕様、問い合わせ先およびその他の情報は、発表日時点のものです。これらの情報は予告なしに変更される場合があります。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社さとふる >
  3. ピース・又吉直樹さんを起用 さとふるの新テレビCM「贈る人・又吉直樹」篇を7月1日より放映