NFLがシーザーズ・エンターテインメントを史上初の公式カジノ・スポンサーに選出

NFLにとっては初となるカジノとの全米スポンサー契約を締結
シーザーズ・エンターテインメントは、カジノ施設を活用し、著名なシェフや一流の音楽アーティスト、様々なエンターテイナーを起用し、NFLのファンのために他では得られない経験を提供
注:本リリースは米国で2019年1月3日発表されたプレスリリースの和訳です。

2019213日 東京】 – 米国最大のアメリカンフットボールリーグのナショナル・フットボール・リーグ(NFL)は、シーザーズ・エンターテインメント・コーポレーション(NASDAQ: CZR)を、史上初のNFLの公式カジノ・スポンサーに選出したと発表しました。

シーザーズは今回のスポンサー契約に基づき、2019年NFLプレーオフから複数年にわたって、同社のカジノ施設、著名なシェフや一流の音楽アーティスト、様々なエンターテイナーを起用し、NFLのファンのために他では得られない経験を提供することを目指します。

NFLパートナーシップ、スポンサーシップ&コンシューマー・プロダクツのシニア・バイスプレジデントのレニー・アンダーソンは次のように述べています。「世界有数のゲーミング・エンターテインメント企業との提携をとても嬉しく思っています。シーザーズが誇る世界最高レベルのエンターテインメント業界のノウハウをNFLと組み合わせることにより、米国や世界各地において、ファンの皆様に他では得られない経験を提供させていただくことが可能になります。」

シーザーズの最高経営責任者のマーク・フリッソーラは次のように述べています。「北米で一番人気を誇るスポーツ・リーグNFLの初のカジノ・パートナーに選ばれたことをうれしく思います。NFLの1億8,000万人のファンと5,500万人の『シーザーズ・リワーズ』ロイヤルティプログラムの会員を合わせて、多くの人々にシーザーズの施設で他では得られない機会を提供させていただくことが可能になります。」

ファルコンズ、レイブンズ、ベアーズ、コルツ、セインツ、レイダーズ、イーグルズのNFLの7クラブがシーザーズと提携しています。新しいリーグ契約やこれらの提携関係は、カジノ分野に限られ、スポーツギャンブル、ファンタジースポーツ、ホテル・リゾート経営は含まれていません。
シーザーズはラスベガス中心地に展開する他社と共に、ラスベガス市と連携して、2020年のNFLドラフトの一部を主催する予定です。


シーザーズ・エンターテイメントについて
シーザーズ・エンターテインメント・コーポレーションは、80年以上の歴史を持ち、世界中に50超のホテル、リゾート、ゲーミング、ホスピタリティ、MICE、ライブ・エンターテインメント業界のグローバルリーダーです。
フラッグシップのシーザーズパレスをはじめ、プラネットハリウッド、パリスホテル、バリーズなど数多くのブランドを有し、年間滞在客数は1億1,500万人を越え、MICE分野では2,000人を越える専任スタッフが、年間2万件の会議、カンファレンス、イベントをサポートしています。

シーザーズは、質の高い雇用やその他経済メリットの創出を通して日本の地元の地域社会を活性化し、世界各地から観光客を呼び込むことができる世界基準のJapanese Entertainment Resort(JER)を開設・運営するため、日本への長期にわたる投資家となり日本のパートナーと協業していくことに尽力します。
より詳しい情報は、http://www.caesars.co.jp にてご覧頂けます。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. シーザーズ・エンターテインメント・コーポレーション >
  3. NFLがシーザーズ・エンターテインメントを史上初の公式カジノ・スポンサーに選出