サイボウズ、大阪オフィスを2倍へ増床

採用および事業をさらに拡大

サイボウズ株式会社(以下サイボウズ)は、大阪オフィス(大阪市北区)を2倍へ増床。321平米から643平米への拡大が完了したことを発表いたします。本増床により、今後は人材の採用や事業活動のさらなる強化に努めてまいります。
2006年に開設したサイボウズ大阪オフィスは、当初は営業拠点としての運用でしたが、後に製品開発の拠点としての運用も始まり、現在では28人が働いております。事業も順調に成長を続けており、今後もさらに増員することを見込みまして今回の増床を計画しました。

サイボウズ大阪オフィスのイメージ図サイボウズ大阪オフィスのイメージ図


 産業の東京一極集中が進む中、サイボウズでは地方拠点の拡充に力を入れております。この数年間におきましては、福岡、名古屋、仙台の各拠点を開設、そして松山オフィスはリニューアル移転して増床いたしました。また、今後は広島にも拠点を開設する計画です。これは、地域雇用の拡大や従業員のUターン、Iターンのニーズを満たすことで地域との連携を強化し、地域への貢献を図っていくことを目的としております。拠点を開設したことで、東京採用の人材も故郷の拠点に戻って引き続き就労するといった社内の動きもございます。

 事業面におきましては、開設当初から関西圏における売上も順調に伸びてきております。それに伴いパートナー様の数も増え、活動も活発になってきました。今回、大阪オフィスを増床することでカンファレンスルームの収容力が倍になり、また、会議室の増加など来客用のスペースを大きく拡充しております。これにより、パートナー様との連携が今まで以上に密になり、エコシステムがさらに発展していくことを期待しております。

 大阪オフィスでは今回の増床を機に、さらなる人員の強化を狙ってまいります。具体的には2021年までに、現在の28名から80名へと増員する計画です。
  1. プレスリリース >
  2. サイボウズ株式会社 >
  3. サイボウズ、大阪オフィスを2倍へ増床