幸楽苑とおやつカンパニーの初コラボレーションメニューが登場!幸楽苑では特製ベビースター入りラー油を使った2商品を発売&ベビースタードデカイラーメン 幸楽苑コラボ味も発売

株式会社幸楽苑ホールディングス(本社:福島県郡山市、代表取締役社長:新井田 昇、以下「幸楽苑」)と株式会社おやつカンパニー(本社:三重県津市、代表取締役社長:手島 文雄、以下「おやつカンパニー」)は、両社よりそれぞれコラボレ―ション商品を期間限定で発売いたします。

幸楽苑とおやつカンパニーは、ベビースターを使用したコラボレーション商品をそれぞれ両社より発売いたします。
幸楽苑からは10月31日(木)より、おやつカンパニーが開発したベビースター入りラー油を使用した「ベビースター入りラー油 鶏白湯らーめん、「まかない丼」を発売いたします。
特製べビースター入りラー油は、フライドガーリックや唐辛子の刺激的な辛みが特徴で、ベビースターのパリッポリッとした食感がアクセントになっています。「ベビースター入りラー油 鶏白湯らーめん」は、幸楽苑店舗で人気の秋冬メニュー鶏白湯らーめんに特製ラー油をトッピングすることで、通常の鶏白湯らーめんとは異なるピリッと刺激的な新しい商品としてご提供いたします。「まかない丼」は特製ラー油をシンプルにご飯と一緒にお召し上がり頂くことで、ベビースターの食感と奥深いラー油の味わいを楽しんで頂けます。
※東北・北関東・甲信越地方の幸楽苑では、台風19号の影響で操業停止中の郡山工場が復旧次第、販売を開始します。

おやつカンパニーからは11月4日(月)より、ベビースタードデカイラーメン2種(幸楽苑 餃子極味/幸楽苑
鶏白湯らーめん味)を発売いたします。
創業65周年を迎えた幸楽苑の「餃子“極”」と「鶏白湯らーめん」を、パリッサクッとした食感の幅広麺『ベビースタードデカイラーメン』で表現しました。「餃子極味」は、肉の旨味たっぷりの麺をラー油の風味をきかせて仕上げ、餃子の肉汁あふれる美味しさが口いっぱいに広がります。「鶏白湯らーめん味」は、鶏の旨味を最大限引き出し、風味豊かに仕上げました。
また、商品裏面には幸楽苑店舗で使えるソフトドリンク1杯無料券※がついており、とてもお得な商品が実現しました。
食事としての“幸楽苑のらーめん”とおやつとしての“おやつカンパニーのベビースター”、それぞれの食感とオリジナルテイストを是非お楽しみください。
※一部店舗では、代替品のご提供となります。

コラボレーション商品概要】
<幸楽苑より販売 コラボレーション商品>

 

 


商品名:ベビースター入りラー油 鶏白湯らーめん
価  格:740円(税込)
販売期間:2019年10月31日(木)~ 2019年11月20日(水)
販売店舗:幸楽苑 国内全店舗 494店舗
 

商品名:まかない丼
価  格:340円(税込)
販売期間:2019年10月31日(木)~ 2019年11月20日(水)
販売店舗:幸楽苑 国内全店舗 494店舗

<おやつカンパニーより販売 コラボレーション商品>
 

 

 

 

商品名:ベビースタードデカイラーメン(幸楽苑 餃子極味 / 幸楽苑 鶏白湯らーめん味)
価  格:オープン価格(店頭想定価格:各130円[税別])
内容量:各66g
販売日:2019年11月4日(月祝)
販売エリア:全国の一般スーパーマーケットなど(取扱い状況は店舗により異なります)


■特製ベビースター入りーラー油(業務用)について
フライドガーリックや唐辛子の刺激的な辛みが特徴のベビースター入りラー油。
ベビースターのパリッポリッとした食感がアクセントになっています。
“食感”と“辛さ”をプラスできるベビースター入りラー油だから、いつもの料理にちょい足しするだけで、パンチのきいた味わいに。
ご飯や麺、サラダなど、料理へのアレンジは無限大です。


【株式会社幸楽苑ホールディングス 会社概要】
所在地:福島県郡山市田村町上行合字北川田2番地1
代表取締役:代表取締役社長 新井田 昇
創業年月日:1954(昭和29年)年9月22日
設立年月日:1970(昭和45年)年11月11日
業務内容:らーめん店「幸楽苑」の国内及び海外におけるチェーン展開を行うグループ会社の経営管理
資本金:29億8,827万円
URL:https://hd.kourakuen.co.jp/

幸楽苑は、1954年に原点となる「味よし食堂」を福島県会津若松市に開業。
1967年に「幸楽苑」に改称し、らーめんとギョーザの専門店として半世紀以上、味にこだわり続け、美味しさと安心を提供してまいりました。今年で創業65周年を迎えます。
2018年からは「味の改革」「マーケティング手法の抜本的転換」「保有資産の活用と店舗ポートフォリオの最適化」「筋肉質な経営」の4つを柱に据えた『新幸楽苑』戦略を実施。また、年末年始の休業を決定するなど「働き方改革」にも着手しています。幸楽苑は、現在494店舗(2019年10月30日現在)を展開しております。

幸楽苑は、いかなる時もカスタマーファーストの精神を忘れず、常に革新的なことにチャレンジし続けるイノベーティブでエキサイティングなエクセレントカンパニーを目指してまいります。

【株式会社おやつカンパニー 会社概要】
所在地:三重県津市一志町田尻420番地
代表取締役:代表取締役社長 手島 文雄
設立年月日:1948年(昭和23年)9月3日
業務内容:菓子・食品製造販売
資本金:100百万円
URL:https://www.oyatsu.co.jp/

1948年創業。1959年、ラーメンをスナック菓子にした「ベビーラーメン」の製造販売を開始。
1973年、子どもたちのおやつの中で1番になるようにとの願いを込めて「ベビースターラーメン」に名称変更。
1999年には、「ベビースターラーメン」の派生商品として、幅広麺の「ドデカイラーメン」、ビッツ状にした「ラーメン丸」、おつまみ向けの「ラーメンおつまみ」を発売。
駄菓子屋から始まったベビースターは、時代に合わせて変化する消費者ニーズに対応し、
常に「新しい価値」を提供し続けることで、今では3世代にわたって愛されるロングセラー商品に成長。
そして、ベビースター発売60周年という節目に、ベビースターを“お菓子”としてだけでなく、お客様のもっと身近な存在として様々なシーンでお楽しみいただくため、“そのまま食べても美味しい”ベビースターの楽しくて・ユニークな「レシピ提案」を、菓子市場だけでなく、外食市場領域に拡大してプロモーションを展開しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社幸楽苑ホールディングス >
  3. 幸楽苑とおやつカンパニーの初コラボレーションメニューが登場!幸楽苑では特製ベビースター入りラー油を使った2商品を発売&ベビースタードデカイラーメン 幸楽苑コラボ味も発売