Mirrativ開発チームが、CEDEC AWARDS 2019「エンジニアリング部門」で優秀賞受賞ならびに、最優秀賞へのノミネートが決定!

〜「ゲーム配信を手軽にし、ゲームの楽しさをユーザー自身で広く発信できる技術」を評価 〜

スマホゲーム配信者数で日本一のゲーム実況アプリ「Mirrativ(ミラティブ)」(以下Mirrativ)を運営する株式会社ミラティブ(本社:東京都渋谷区 代表取締役:赤川隼一 以下ミラティブ)は、日本最大のコンピュータエンターテインメント開発者向けカンファレンスCEDEC2019内のCEDEC AWARDS2019で、開発チームが「エンジニアリング部門」の優秀賞受賞の決定と最優秀賞にノミネートされたことをお知らせいたします。

Mirrativは、スマホ1台でゲーム配信・生配信ができるスマホ画面共有型ライブ配信プラットフォームです。それまで特別な機材を必要としていたゲーム実況を、スマホ1台で誰でも簡単に楽しめることを可能にしました。また、Mirrativのキーコンセプトは「友達の家でゲームをやっている感じ」です。放課後、友達の家に集ってゲーム囲みながらわいわいと盛り上がった世界観を大切に、インターネットだからこそ実現できる新しい体験を生み出しています。

今回は、Mirrativのコアな体験を支える技術「ゲーム配信を手軽にし、ゲームの楽しさをユーザー自身で広く発信できる技術」を評価いただき、優秀賞の受賞にいたりました。また、最優秀賞の発表は、CEDEC 2019会期2日目の9月5日(木)に行われる予定です。

■CEDEC AWARDSとは
CEDEC AWARDSは、コンピュータエンターテインメント開発の進歩へ顕著な功績のあった技術にフォーカスし、技術面から開発者の功績を称える賞です。
昨年のCEDEC受講者アンケートで高評価を得た講演者と、CEDEC 2019のセッションを選定するセッションワーキンググループの各分野のプロデューサーとで組織する、「CEDEC AWARDS 2019 ノミネーション委員会」が、「エンジニアリング」「ビジュアル・アーツ」「ゲームデザイン」「サウンド」の4部門で計20のグループを「優秀賞」(最優秀賞ノミネート)に選考しました。(一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会 CEDEC運営委員会プレスリリースより引用)

一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会 CEDEC運営委員会プレスリリース
https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/cedec2019web/press/cedec2019_release_0614_1739.pdf

CEDEC2019公式サイト
http://cedec.cesa.or.jp/2019/koubo/

■「エンジニアリング部門」受賞者と対象
・Omar Cornut(Lizardcube)

 - 迅速なツール開発やデバッグに活用しやすいオープンソースGUIフレームワーク

・「Perforce」開発チーム(Perforce Software, Inc.)
 - ゲーム開発における大規模アセットのバージョン管理を大幅に効率化

・「Microsoft HoloLens」開発チーム(Microsoft Corporation)
 - 高性能なスタンドアローン型の MR グラスにより複合現実の未来を提示

・Amazon Web Service(アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社)
 - 様々なタイトルに安定したインフラ環境を提供し、自身もゲーム開発・運用向けのベストプラクティスを提唱

・「Mirrativ」開発チーム(株式会社ミラティブ)
 - ゲーム配信を手軽にし、ゲームの楽しさをユーザー自身で広く発信できる技術

■CTO夏澄彦コメント

顔出ししなくても、数タップだけでお手軽にスマホのゲーム配信ができるプラットフォームとして成長してきたMirrativですが、ゲームを遊ぶならみんなで楽しもうよという世界観を目指し、単なる配信ツールではなく、配信者と視聴者のコミュニケーションに重きを置いたサービスとして成長してきました。

また、3Dアバターのエモモやカラオケ配信の「エモカラ」(※)を導入することで、Mirrativの可能性を広げることができました。

1年前の創業時はエンジニア4名、エモモ開発初期は3Dエンジニア・デザイナーが社内にいない状態から始まりましたが、今では優秀なエンジニア・デザイナーが増えてまいりました。
(Unityエンジニア0人からスタート?ゲーム実況x3Dアバター「エモモ」誕生秘話 https://www.pr-table.com/mirrativ/stories/13814、エモモ超改善プロジェクト https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000034.000033025.html

今後も、スマホ画面を共有できるMirrativの特性を活かしたゲーム配信と組み合わせた、今までにない体験をユーザに提供していきたいと思います。
Mirrativのビジョンに興味を持って頂き、一緒に新しい世界を作りたい方は、お気軽にご連絡ください!

※「エモカラ」(2018年5月22日リリース)
https://prtimes.jp/main/html/searchrlp/company_id/33025

■ミラティブ採用情報について
ミラティブでは、エンジニア、デザイナーをはじめ、新機能開発、そのほか各職種で仲間を募集しています。ゲーム実況のみならず、様々な形で人の可能性の解放を目指し、わかりあう瞬間をつないでいく世界を共につくりたいと思う方、ぜひ気軽に以下求人からご連絡ください。

・iOS https://www.wantedly.com/projects/308709
・Android https://www.wantedly.com/projects/316755
・Unity https://www.wantedly.com/projects/266898
・サーバーサイド https://www.wantedly.com/projects/316758
・インフラ https://www.wantedly.com/projects/318400

・採用サイト
https://www.mirrativ.co.jp/recruit/

・採用候補者様への手紙
https://speakerdeck.com/hr_team/mirrativ-letter

■Mirrativとは

Mirrativは、スマホ1つで誰でも簡単にゲーム配信・生配信ができる、スマホ画面共有型ライブ配信プラットフォームです。子どものころ、友だちの家に集まってテレビを見ながらゲームを楽しんだような世界観をアプリ内で再現しています。

また、「あなたは、誰にでもなれる」をキーコンセプトに、誰でもスマホ1台でバーチャルYouTuberのように配信ができる機能「エモモ」を、2018年8月より提供開始いたしました。

 

iOS版 https://itunes.apple.com/jp/app/id1028944599
Android版 https://play.google.com/store/apps/details?id=com.dena.mirrativ

■ミラティブ概要
会社名:株式会社ミラティブ
所在地:東京都渋谷区桜丘町31-14 岡三桜丘ビル SLACK SHIBUYA 402
代表取締役:赤川隼一
設立:2018年2月9日
事業内容: ライブ配信プラットフォーム「Mirrativ(ミラティブ)」の運営
URL: https://www.mirrativ.com/ 
コーポレートサイト:https://www.mirrativ.co.jp/
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ミラティブ >
  3. Mirrativ開発チームが、CEDEC AWARDS 2019「エンジニアリング部門」で優秀賞受賞ならびに、最優秀賞へのノミネートが決定!