Webメディア「VALED.PRESS (バレッドプレス)」にて新連載がスタートやらずに死ねないプログラミング 連載開始!

大人がプログラミングを学ぶきっかけ作りを目指す― 2019年12月12日(木)よりスタート ―

 親と子の好奇心を応援するwebメディア「VALED.PRESS」(以下「バレッドプレス」運営 株式会社グローバルキャスト・所在地 愛知県名古屋市中村区・代表取締役 川口英幸)は、12月12日より大人がプログラミングを学ぶきっかけ作りを目指す、「やらずに死ねないプログラミング」の連載をスタートいたします。執筆は、アート・デザイン・プログラミングを横断的に学ぶための社会人向けスクール「Flap&Play」を主宰する山辺 真幸(やまべ まさき)氏。

 
  • ​コラム連載開始に至った背景
2020年4月よりプログラミング教育が必修化されることや習い事としてのプログラミング教室など、子どもに対するプログラミング教育の環境が整いつつある中、社会人がコンピューターの本質を学べる環境は驚くほど少ないのが現実です。技術革新によりビジネスや社会システムが大きく変化しようとしている現在、現役のプレイヤーである大人たちが継続的にプログラミングを学ぶきっかけとなることを目指し、連載をスタートすることとなりました。

 
  • 「VALED.PRESS(バレッドプレス)」に関して
バレッドプレス(https://valed.press/)は2018年12月に公式オープンし、「子どもの未来と好奇心を、親とともに応援していく」をコンセプトにした、子ども向けSTEM教育に関する情報をご紹介するWebメディアです。2019年10月現在、月間読者が25万人を突破しております。STEAM教育や、ロジカルシンキングを始め、学校の先生など教育現場に携わる方々に役立つ情報を幅広くお届けしています。


山辺 真幸(やまべ まさき)氏

デザインとプログラミング株式会社代表取締役、多摩美術大学情報デザイン学科非常勤講師、慶應義塾大学SFC研究所、慶應義塾大学大学院政策メディア研究科所属。 法政大学工学部卒、IAMAS国際情報科学芸術アカデミー(現・情報科学芸術大学院大学)にて、デザインを学ぶ。卒業後は、グラフィックデザイン事務所勤務を経て、2006年にUI/UXデザインファーム「AlliancePort」を東京で創業。東京都現代美術館、日本科学未来館などの公式ウェブサイトを手がけた。2007年に東京芸術大学にてプログラミングの講義を開始、以来、多摩美術大学、慶應義塾大学などでプログラミングやデザインの講義を担当。これまでにのべ約2000人を指導した。2019年よりアート・デザイン・プログラミングを横断的に学ぶための社会人向けスクール「Flap&Play」を主宰し講師を務める。
 
  • 【グローバルキャストについて】
グローバルキャストはクライアント(企業)とマーケット(市場)を繋ぎ、マーケットへ、より豊かな暮らしを届け続ける「コンシェルジュテクノロジーカンパニー」です。みなさまの暮らしにテクノロジーを活用しながら豊かにする、コンシェルジュのような存在を目指します。

【会社概要】
会社名:  株式会社 グローバルキャスト
代表者:  代表取締役 川口英幸
設立:   2008年2月20日
資本金:  88,675,000円
事業内容: 業種特化型BPOサービス事業
      ├ダイレクトマーケティング
      ├コンタクトセンターソリューション
      ├多言語コミュニケーション
      └デジタルマーケティング
      教育事業
      新電力事業およびその附帯事業

所在地: 愛知県名古屋市中村区平池町4-60-12 グローバルゲート 14F
URL: http://global-cast.jp/


【読者・一般のお客様からのお問い合わせ】
株式会社グローバルキャスト VALED PRESS編集部
企画制作部担当/山本
https://valed.press/contacts
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社グローバルキャスト >
  3. Webメディア「VALED.PRESS (バレッドプレス)」にて新連載がスタートやらずに死ねないプログラミング 連載開始!