外車王が輸入車の保険に関する調査を実施!加入の際に重視するのは補償内容?それとも保険料?

〜外車王が輸入車好きユーザーの生の声を調査〜

日本最大級の輸入車買取サービス「外車王」を運営するカレント自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:江頭大介)は、輸入車に興味のある147人を対象に、輸入車の保険加入と重視する点についてアンケートを実施いたしましたので、その調査結果をお知らせいたします。


調査背景
昨今ではこれまでの代理店型損保だけでなく通販型自動車保険の加入も増加傾向にあるなど、テクノロジーの進化や自動車業界の変化によって自動車保険も影響を受けております。また、輸入車の保険加入は国産車の保険加入とはまた違った傾向が見える可能性が大いに考えられます。

そこで外車王では、輸入車の保険について選択肢を用意しアンケートを実施。輸入車の保険加入と重視する点について調査いたしました。

■調査対象
・調査対象:輸入車に興味のある男女147名
・調査期間:2021年8月31日〜2021年9月8日
・調査内容:Q1.所有の輸入車は任意保険に加入していますか? Q2.所有の輸入車は車両保険に加入していますか?Q3.年間で支払っている自動車保険料を教えてください。Q4.輸入車の自動車保険に加入する際に最も重視する点を教えてください。

Q1.所有の輸入車は任意保険に加入していますか?

加入している 99.3%

加入していない 0.7%


任意保険に加入しているかどうかの質問に対しては、99%以上のユーザーが加入していると回答しました。一般的には自賠責保険のみだと補償のカバー範囲が狭く、自動車を所有している方は任意保険に入る割合が高いです。

国産車も含めた全体の任意保険加入率は約80%(損害保険料率算出機構 自動車保険の概況_2020年度より)と言われている中、今回の調査では99%以上のユーザーが任意保険に加入しているという結果となり、輸入車オーナーは任意保険に入る割合がより高いことが読み取れます。

Q2.所有の輸入車は車両保険に加入していますか?

加入している 79.6%

加入していない 20.4%


車両保険に加入しているかどうかの質問に対しては8割近くのユーザーが加入していると回答しました。自家用乗用車の車両保険の加入率は約60%(損害保険料率算出機構 自動車保険の概況_2020年度より)とされていますが、それと比較すると輸入車オーナーは比較的多くの方が車両保険に加入していることが分かります。

事故やトラブルにより修理が必要となった際に輸入車のパーツは比較的高くなってしまう可能性があるため、輸入車を所有している方は車両保険に入ることが多いのではないかということが推察できます。

Q3.年間で支払っている自動車保険料を教えてください

1位 5万円〜10万円 38.1%

2位 10万円〜15万円 22.4%

3位 5万円未満 16.3%

4位 30万円以上 8.8%

5位 15万円〜20万円 8.2%

6位 20万円〜30万円 6.1%


年間で支払っている自動車保険料については最も票が多かったのは「5万円〜10万円」の38.1%、次いで「10万円〜15万円」の22.4%という結果となりました。3位に「5万円以下」の16.3%がランクインしていることから、輸入車オーナー全てが高額の保険料を払っているとは限らないということが分かります。

また、4位以下の15万円以上の選択肢を選んだユーザーは全体の2割弱と少なく、輸入車オーナーの8割以上は年間で支払う自動車保険料を15万円以内に抑えていることが読み取れます。

Q4.輸入車の自動車保険を加入する際に最も重視する点を教えてください

1位 事故時の補償内容の充実度 42.2%

2位 保険料の安さ 27.2%

3位 事故時の対応 16.3%

4位 商品内容のわかりやすさ 4.1%

5位 加入手続きの手軽さ 3.4%

6位 保険会社の知名度・ネームバリュー 2.7%

その他 4.1%


自動車保険に加入する際に最も重視する点として最も多かった回答は「事故時の補償内容の充実度」で42.2%、続いて2位に「保険料の安さ」で27.2%、3位に「事故時の対応」で16.3%と上位3位までで85%以上を占める結果となりました。「保険料の安さ」を抑えて「事故時の補償内容の充実度」が差をつけて1位となっていることから、やはり保険は万が一の時のサービス内容で加入の判断をしていることが伺えます。

また、その他の回答として「車両保険の料率」「車両保険に入れるかどうか」という回答も見られ、何よりも車両保険のことを最重要視して保険を選んでいるユーザーもいることが分かりました。

■調査のまとめ
今回の調査で、輸入車の保険加入と支払っている保険料、加入する際の重視する内容がどんなものかがわかりました。自動車保険に加入する際に最も重視する点として「事故時の補償内容の充実度」が1位だったことから、価格面や手軽さよりもサービスに対する安心感が重要だということが伺えます。これから益々自動車業界は急スピードで変化していくことが予想され、今後のユーザー動向や市場の流れを引き続き注目する必要があると言えるでしょう。

外⾞王では、⽇々変化していく輸⼊⾞関連のユーザー傾向や市場の情報をお届けしてまいります。

◆外車王 https://www.gaisha-oh.com/

カレント自動車とは
カレント自動車株式会社は「新時代CarTech企業」を目指し、輸入車を中心に周辺事業を展開しており、情報×自動車のCarTechと呼ばれる分野での事業展開を強化しております。従来からの「輸入車のベストパートナー」として国内最大級の輸入車買取サービス「外車王」の運営、輸入車の販売事業、整備事業、パーツ供給事業に加え、IT事業、整備ネットワーク事業を手がける新時代のCarTech企業です。現在は、国内にとどまらず海外事業も展開し、新時代のソリューションを提供することで自動車産業に貢献してまいります。

◆カレント自動車株式会社 https://www.currentmotor.co.jp/

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. カレント自動車株式会社 >
  3. 外車王が輸入車の保険に関する調査を実施!加入の際に重視するのは補償内容?それとも保険料?