DTx関連事業を推進するメディアシークが「DTx カオスマップ2022」を公開!

デジタル医療とも呼ばれる“DTx(デジタルセラピューティクス)”関連事業を推進している株式会社メディアシーク(本社:東京都港区、代表:西尾直紀、以下「メディアシーク」)は、「DTx カオスマップ2022」を作成し、2022年12月6日に公開しました。
「DTx カオスマップ2022」は、DTx関連市場を対象疾病ごとに分類しました。「がん」、「循環器系疾患(心臓血管)」、「内分泌・代謝系疾患(糖尿病)」、「整形外科系疾患」、「脳卒中」、「認知症」、「精神・行動障害」、「感染症(呼吸器)」、「その他」の9カテゴリーに分け、およそ50の企業を掲載しています。

「DTx カオスマップ2022」に関するレポートはこちら
https://www.mediaseek.co.jp/braintech/column/11539/

■カオスマップ作成の背景

日本でも医師からアプリを処方され、スマホを使って病気を治療できる体制が築かれつつあります。インサイダーインテリジェンスの調査レポート(※1)によれば、DTx市場は2025年までに7兆円を超える規模に達すると見込まれています。

DTxが盛り上がる背景には医療適正化への期待が挙げられます。デジタル技術により医療サービスが最適化され、治療効果向上や医療費削減、人手不足解消に繋がることが見込まれています。また、新型コロナウイルス感染予防の観点からも場所を問わないデジタル医療のニーズが増加しています。

今回、DTx関連事業を意欲的に展開している国内企業を押さえつつ、日本でサービス展開を予定している海外企業も含め、日本国内市場におけるDTxカオスマップを作成しました。

※1 https://www.insiderintelligence.com/insights/digital-therapeutics-report/

※本カオスマップはDTxに関する取り組みを実施している企業のプレスリリースや製品サイト、導入実績などの公開情報を基にメディアシークが独自の視点で取りまとめたもので、網羅性や正確性を完全に担保するものではありません。
※マップ記載のロゴ・サービス名称の表記につきましては、各社様に事前許諾を得たものを掲載させていただいています。使用上問題がある場合は、恐れ入りますが「 braintech@mediaseek.co.jp 」までご連絡ください。
※本プレスリリースに記載の会社名および商品名/サービス名は各社の商標または登録商標です。
※本プレスリリース記載の情報は発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承下さい。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社メディアシーク >
  3. DTx関連事業を推進するメディアシークが「DTx カオスマップ2022」を公開!