伍代夏子特別防犯支援官が愛媛県警察本部を訪問「周りからの“おせっかい”が詐欺被害防止に」

~ストップ・オレオレ詐欺47家族の絆作戦~

警察庁「ストップ・オレオレ詐欺47〜家族の絆作戦~」プロジェクトチーム(略称:SOS47)は、2018年より、全国で被害が相次ぐオレオレ詐欺などの特殊詐欺に関する知識や防止策を分かりやすく伝え、全国47都道府県警察と特殊詐欺被害を防止するための広報啓発活動を行っています。
この度、伍代夏子特別防犯支援官が、特殊詐欺被害防止の啓発活動として愛媛県警察本部を訪問し、県民に向けたメッセージを発信しました。
伍代支援官は、「詐欺被害に遭わないためには、家族の絆が必要不可欠です。特殊詐欺被害のない愛媛県にする為に、一緒に闘っていきましょう。」と呼びかけました。

  • 訪問先レポート
 ■『詐欺被害防止に関心のない方にこそ、注意喚起のメッセージを届けたい。』
伍代支援官は愛媛県民に向けて、「一人ひとりが詐欺に遭わないための知識を身につけ、家族や地域の人達が、お互いに助け合う意識を持ち、行動に移していくことが何よりも大切です。家族や友人の為に何ができるか話し合ってみてください。」と、日頃からのコミュニケーションの大切さを伝えました。

記者から、SOS47の活動を通して感じたことについて聞かれると、「これまで高齢者の集まる施設に出向いたり、防犯に関するイベントに参加してきて、特殊詐欺への被害防止に関心のある方は、言わずともその講演を聞きに来てくれますが、これからは(特殊詐欺被害対策に)関心のない方に向けてメッセージを発信していかなければいけないと感じています。SOS47のメンバーには若い世代もいるので、各々のメンバーの強みを活かして、あらゆる
世代に呼びかけていきたいです。」と答えました。

■ 『周りからの“おせっかい”が、特殊詐欺被害防止に』
今後の活動についての意気込みを質問されると、伍代支援官は「これまでと同じことをしていても効き目がなくなってくると思います。一人で暮らす高齢者に“気を付けて”と声を掛けても被害を完全には防げません。そこで、これからは皆さんに“おせっかいになろう”キャンペーンを呼びかけていきたいです。「高齢者を一人にさせない」、「知らない人からの電話に出ないことで犯人と会話をさせない」といったおせっかいを周りがしていくことで、特殊詐欺被害の防止につながると思います。」と、詐欺をなくすために、これからは周りからの支えが重要になってくることを訴えました。

  • 実施概要
■催事名:愛媛県警察本部訪問

■実施日:2020年9月18日(金)

■実施会場:愛媛県警察本部

■実施者:
「ストップ・オレオレ詐欺47~家族の絆作戦~」プロジェクトチーム(SOS47)
特別防犯支援官 伍代 夏子 氏
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 「ストップ・オレオレ詐欺47〜家族の絆作戦〜」プロジェクトチーム >
  3. 伍代夏子特別防犯支援官が愛媛県警察本部を訪問「周りからの“おせっかい”が詐欺被害防止に」