FDA、ローズピンクの15号機、バイオレットの16号機を導入します

株式会社 フジドリームエアラインズ(略称:FDA、本社:静岡県静岡市、代表取締役社長:三輪 德泰)は、新たな運航機材として12月上旬に導入する15号機の機体色に『ローズピンク』を、12月下旬に導入する16号機の機体色に『バイオレット』を採用いたしました

FDAが運用する機材は、広い客室空間を特徴とするエンブラエル社製の最新鋭ジェット機ERJ170/175で、1機ごとに色が異なる機体デザイン“マルチカラー・コンセプト”を採用しています。

15号機は航空機製造メーカーであるエンブラエル社(ブラジル サンホセ・ドス・カンポス)での領収の最終検査を経て、日本には12月9日(月)に到着する予定です。また、16号機につきましても同様に最終検査を経て、12月18日(水)に日本へ到着する予定です。

【機体概要・スケジュール】
 


                              以 上 


 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社フジドリームエアラインズ >
  3. FDA、ローズピンクの15号機、バイオレットの16号機を導入します