「ブシュロン心斎橋」 2021年6月6日(日)リニューアルオープン

 フランスのハイジュエラー ブシュロンは、2021年6月6日(日)、ブシュロン心斎橋をリニューアルオープンいたします。古くから商業の中心地として栄えてきた大阪・心斎橋エリアには、多くのラグジュリーブランドの店舗が立ち並びます。関西地区の旗艦店であるブシュロン心斎橋店のリニューアルオープンは、日本市場におけるブランドの位置づけに大きな意味を持つものです。

 ブシュロンにとって、ブティックは単にジュエリーを購入するためだけの場所ではありません。メゾンの世界観を伝えながら、お客様がご自宅にいるような感覚で過ごすことができるように設計されています。新しいブティックは、オテル・パティキュリエ(貴族の邸宅)を彷彿とさせるパリスタイルのデザインを採用し、モダンで落ち着いた雰囲気の中に、ブシュロンが誇るハイジュエリー、アイコニックなジュエリーコレクションが並びます。豊かな自然光がブティック内に差し込むように、高さ4.4メートルのガラスのファサードを設け、店内にはヴァンドーム広場の建築様式に採用されている大理石、ブラックメタルのフレーム、フランスのクラシックスタイルであるシンメトリなど、パリのコードを再解釈し、ブランドを体現する空間に仕上げられています。
 

  ブシュロンを彩る多様なコレクションの先には、一新したブライダルコーナーがお客様をお迎えします。ヴァンドーム広場にそびえる円柱から着想を得た半円型のブライダルカウンター、1930年代のパリの建築様式にインスパイアされたギョーシェ模様の壁面ときらめくアラバスターのシャンデリアはエレガントな印象。ブシュロン独自の基準によって厳選されたダイヤモンドがセットされたソリテールリングやマリッジリングなど、様々なデザインのブライダルコレクションをご覧いただくことができます。

 ブライダルコーナーの奥には、VIPサロンを設置。自然をテーマとしたデザイン性のあるファブリックや、上質な素材と豊かな色使いの心地よい空間で、ゆったりとお過ごしいただけます。表情豊かなガラスにフロスト加工を施したモダンでスタイリッシュなガラスを使用したアコーディオン扉で、空間を2つのスペースに分けることも可能。上品に光り輝く壁面に飾られたスケッチの一つには、1879年に創業者フレデリック・ブシュロンが自然にインスピレーションを受けてデザインした、クエスチョンマークのネックレスがあります。このクラスプ(留め具)がない柔軟で軽いネックレスは、ジュエリーの着用に人の手を必要としてた当時の女性に、独立性と自由を促進しました。このサロンでは、ブシュロンの歴史や文化、そして自由な精神を堪能できる空間として、卓越したサービスとパーソナライズされたショッピング体験を楽しむことができます。 

 生まれ変わったブティックでは、キャトル、セルパンボエム、ジャック ドゥ ブシュロンなど、アイコニックなコレクションの新作や、ブシュロンのサヴォワール フェールを体現する洗練されたハイジュエリーをご覧いただけます。また、ブシュロンに継承されるオーダーメイドの伝統に基づき、お客様がご希望される特別な作品を制作するスペシャルオーダーサービスもご用意しています。

<ブシュロン心斎橋>
グランドオープン:2021年6月6日(日)
所在地:〒542-0081 大阪府大阪市中央区南船場4-4-3 心斎橋東急ビル1F
TEL:ブシュロン クライアントサービス 0120-230-441
営業時間:11:30~19:30 ※不定休
※新型コロナウイルス感染症の状況により変更される場合がございます。
店舗面積:191.17㎡

<ブシュロンについて>
1858年にフレデリック・ブシュロンが創業し、一族によって4世代にわたり自由な精神とスタイルが継承されてきたブシュロン。パリ・ヴァンドーム広場にブティックを開いた最初のハイジュエラーとして、ブシュロンは一流のハイジュエリーと高級時計を象徴するメゾンとしての地位を確立してきました。自由で大胆な精神を持つブシュロンの唯一無二のスタイルは、世代を超えて受け継がれ、160年以上の歴史を誇ります。現在、ブシュロンは世界各国で66以上のブティックを展開し、国際的なラグジュアリーグループであるケリングに属しています 。  
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ブシュロン >
  3. 「ブシュロン心斎橋」 2021年6月6日(日)リニューアルオープン