NECレッドロケッツ【バレー/Vリーグ】が川崎市内小学校でふれあい教室を実施!

川崎市立川中島小学校の体育の授業に廣瀬選手、吉田選手が講師として参加。

NECレッドロケッツが、6月8日(火)に川崎市立川中島小学校で開催した「ふれあい教室」に廣瀬選手・吉田選手が先生役として参加した。
 

自己紹介をする(左)廣瀬選手、(右)吉田選手自己紹介をする(左)廣瀬選手、(右)吉田選手


自己紹介をすると「うみさーん、あゆみさーん」と下の名前を大きな声で呼んでもらい温かい雰囲気の中、教室が始まった。

準備体操を行った後、2選手は見本としてパスを実演。吉田選手が「オーバーパスはおにぎりをおでこに作って」と説明すると熱心に形を真似る子供たちの姿があった。

オーバーパスの形を指導する2選手と熱心に真似をする子供たちオーバーパスの形を指導する2選手と熱心に真似をする子供たち


子供たちがパスを始め、廣瀬選手から「膝を使って思いやりを持ってパスを出そう」と伝えるとアドバイスを受け、子供たちは積極的にボールを触りに行っていた。

スパイク練習では廣瀬選手から「ガッツポーズをする場所が一番力が入るのでそこでボールを捉えてみよう!」と説明。両選手が見本を見せると「早くやりたい!」という声が上がった。

スパイクを披露する廣瀬選手スパイクを披露する廣瀬選手

 ゲーム形式ではこれまで練習したオーバー・アンダーパスとスパイクを使い、実際に点数をつけてゲームが行われた。

授業の最後には子供たちから「いろいろな技を覚えられてよかったです。この時間でバレーボールのことをたくさん知れたので次回の授業でも生かしていきたいです。」と感想が送られた。

授業中には「先生、もう一回やってもいいですか?」など“先生”と声をかけてもらうシーンがあったりと2選手は短い時間であったが子供たちと楽しい時間を過ごした。

 教室後、廣瀬選手は「パワフルで圧倒される場面もありましたが久しぶりのバレー教室で楽しかったです。ぜひとどろきアリーナに観に来てほしいですね。」とコメント。吉田選手からは「今日の授業で繋ぐことの楽しさを感じてもらえていたら嬉しいです!」とコメントした。

 前回に引き続きご協力いただいている川崎市、市内小学校をはじめご協力いただいている皆様にはこのような機会をいただき感謝申し上げます。
レッドロケッツは引き続き感染予防対策の徹底および、マスクをしながらの運動による熱中症に配慮した上でバレー教室を行っていく予定です。

【NECレッドロケッツ】
■ホームゲーム特設サイト:https://w-volley.necsports.net/2020homegame/
■NECロケッツクラブ:https://www.necsports.net/rc_top/
■公式ウェブサイト: https://w-volley.necsports.net/
■公式Twitter: https://twitter.com/nec_rr_official
■公式Facebook:https://www.facebook.com/NECRedRockets.VL
■公式Instagram: https://www.instagram.com/nec_rr_official/?hl=ja
■公式YouTube:https://www.youtube.com/channel/UChNs9_g5YoFzWK1kZmTONyA

■NECレッドロケッツについて
女子バレーボール、V.LEAGUE DIVISION1(V1リーグ)に所属するNECレッドロケッツ。
日本リーグ優勝1回、Vリーグ優勝6回、黒鷲旗優勝2回の実績がある。
ホームタウンは神奈川県川崎市。サブホームを東京都大田区に置き、スポーツを通じ地域に根ざしたチーム作りとNECレッドロケッツの歴史を紡ぐ「堅守速攻」で日本一へと挑む。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 日本電気株式会社 >
  3. NECレッドロケッツ【バレー/Vリーグ】が川崎市内小学校でふれあい教室を実施!